2015京都記念出走予定馬評価|ハープスターとキズナどっちが強い?

Pocket

今週京都で行われる重賞は京都記念

少頭数ながら注目度の高いレースとなりそうです。

その注目の要因はハープスターとキズナが初対決するという事。

ハープスターはジャパンカップこそ5着と負けましたが
桜花賞をぶっこ抜き、札幌記念ではゴールドシップに先着と
超GI級の能力がある事は間違いありません。

一方のキズナも昨年の天皇賞・春では4着と負けましたが
日本ダービーの勝ち方や昨年の大阪杯の勝ち方を見ると
GI1勝で終わるような馬ではありません。

2頭ともGI級を超える強さである事は間違いないのですが

ハープスターとキズナ、どっちが強いのでしょうか?

その答え「現段階では、ハープスターに分があります」

どちらも後方一気というような脚質なので比較をしやすいですが
末脚の鋭さは明らかにハープスターの方が上

牝馬なのでキズナと比較して常に斤量の恩恵がある事もプラスで
2頭の実力勝負となれば、迷わずハープスターを指名します。

今回の出走するメンバーと
この強豪2頭と比較すると3番手以下は
大きく力が落ちるため、完全な2強のレースとなります。

大きく水をあけられて3番手となるのが
中山金杯を勝ったラブリーデイ

この馬は切れる脚がなく持続力タイプの脚を使うので
京都の直線はマッチするでしょう。

あとはどう乗るか、です。

4角先頭で押し切ろうという競馬が出来れば
2強の一角崩しは十分に考えられるでしょう。

京都での重賞勝ちのあるハギノハイブリッド

京都新聞杯を勝ってからは凡走が続いています。
この馬の能力が頭打ちとも判断出来ますが
3歳時の走りの内容からするともう少し奥があるでしょう。

ただ、今回はキズナ、ハープスターとの差し比べになるような
展開になると出番はないでしょう。

中山金杯を負けたラブイズブーシェ
スタミナとパワーで勝負するタイプなので
ここは不向き、出番はないでしょう。

穴で面白いのはレッドデイヴィス

この馬の持ち味は先行押し切り
気性難でアテにならないタイプですが
一発を考えるのならこの馬でしょう。

馬券の肝はキズナ、ハープスターが追い込み馬であるという事

昨年の大阪杯はキズナとエピファネイアが
最後方から競馬を見せた事で展開に紛れが起こり
2着にトウカイパラダイスが入ってきました。

このあたり2頭がどう競馬を進めるのか
という点を考慮して予想を展開していくと
3番手の馬に辿り着く事でしょう。

私の予想はメールマガジンで
日曜日の10時頃配信をしています。

登録は無料なので、気になる方は登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。