2015東京新聞杯予想|タガノグランパの距離適性が問われる一戦

Pocket

今週の重賞は東京新聞杯ときさらぎ賞

ここでは東京新聞杯を取り上げて予想したいと思います。

個人的に注目しているのは4歳馬タガノグランパ

3歳時には1400mのファルコンステークスを勝っておきながら
日本ダービー、菊花賞共に4着

幅広い距離適性を見せて好走を続けた馬が
マイルに戻ってきてどのような走りを見せるのか?

このタガノグランパの距離適性を見極める事が
このレースを予想する上で大きな意義を与えます。

結論を言うとタガノグランパの適距離はマイルです。

日本ダービーや菊花賞でも好走をしましたが
馬が見せたパフォーマンスは遙かにファルコンステークスの方が上

マイル戦以下で見せた瞬発力こそ、この馬の最大の武器なので
地力の面ではこの馬が頭一つ抜けていると言えます。

ただ、今回は大外枠。
府中のマイルはあまり枠順の有利不利はありませんが
まだ開催の浅い東京新聞杯では例年内枠が優勢

ある程度人気になる事を考えると本命にはしづらく
今回は対抗とします。

本命は シャイニープリンス

本質的には中山向きのパワータイプですが
その地力の高さから東京でも走れるようになってきました。

後藤騎手への乗り替わりは未知数ですが
積極的にレースを展開してくれる騎手なので
好枠をいかした競馬をしてくれれば
今回のメンバーなら十分に勝機があります。

3番手評価は エキストラエンド

昨年も2着に来ているように、実績と地力は十分。
京都金杯も2着と徐々に復調傾向があるので、
当然外せない存在で注意が必要です。

次に東京マイル戦は得意な サトノギャラント

内容は薄目の走りも徐々に重賞に慣れつつある フルーキー

最後に東京得意の フレイムヘイロー

この5点を相手とします。

本来であれば内枠に入った馬を狙いたいのですが
マイネルメリエンダは東京向きでない走りであること。

ヴァンセンヌは連勝も走りのインパクトが弱いことから
壁に当たるであろう可能性が高い事から外します。

シャイニープリンスの単勝と馬単5点流し
押さえにワイドを5点買っておきたいと思います。
(オッズがつけばワイドではなく3連複の方でも可)

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。