2015根岸ステークス、シルクロードSレース回顧|三浦皇成来た!

Pocket

先日行われた重賞根岸ステークスは1番人気エアハリファが勝利

東京での連対率100%という相性の良さを存分に見せつけました。
鞍上の三浦皇成騎手は久々の重賞勝利

昨年はタガノブルグ、グランプリボスなどGI勝ちに一歩届きませんでしたが
今年こそは何とかしなくてはいけません。

今年も勝てないようなら、このまま低迷してしまうような気がします。
毎年GI1勝、重賞3勝は出来るような騎手に育ってほしいと思います。

エアハリファはこのままGIへ、という思いが強くなりますが
正直スケールとしてはGIで通用するような器ではありません。

フェブラリーステークスでも穴人気になるしょうが買いたくない馬です。

上がり34.7秒の豪脚を繰り出した ワイドバッハ は2着

今回は距離が短かった印象です。
フェブラリーステークスではもっと高いパフォーマンスを見せられるでしょう。

フェブラリーステークスで通用するとしたらこの馬だけですね。
期待して良い馬です。

3着は古豪 アドマイヤロイヤル

ピークは越えましたが、東京では良く走ります。
これ以上相手が強くなったらさすがに無理ですが
オープンクラスでは軽視できない存在でしょう。

ロゴタイプは8着

今回はフェブラリーステークスがあるからという理由で
適性を考えずにただダートに出しただけなので
当然の敗戦だと言えるでしょう。

ダートを舐めてはいけません。

そしてもう一方のシルクロードステークス

こちらはアンバルブライベンの逃げ切り勝ち

最初の3ハロンを33.9秒で進み、最後の3ハロンを34.0秒でまとめる
というバランスの良いレースをしました。

この馬は今が充実期ですね。
次走はおそらく高松宮記念に出走すると思いますが、非常に楽しみです。

常識的に考えれば坂のあるコースで、相手も強くなり
不安だらけですが、この馬の勢いは本物なので面白い存在となるでしょう。

2着は内から伸びた サドンストーム

内から良い脚で伸びてきました。

アンバルブライベンにはここ3戦で3連敗中ですが
高松宮記念は差し馬が優勢な舞台なので
次走には逆転があるかもしれません。

3着はじぶとく伸びた セイコーライコウ

この馬はスピードよりもスタミナ・パワーが勝ったタイプ
地力は一つ落ちますが、雨などで馬場が重くなった時は
伏兵として消すことは出来ない存在となりそうです。

エイシンブルズアイは見せ場なく惨敗しました。

今回はポジションが後ろすぎましたね。
もともと切れ味がないタイプで前で競馬をするのがベストな馬

秋山騎手に乗り替わった点がかなりのマイナス要素だったと言えます。
実力上位騎手から実力下位騎手に乗り替わった時は
こういった事が起きますので、覚えておきたいですね。

負けた中できらりと光ったのは5着バクシンテイオー
短距離重賞ではいつか穴を開けてくれそうな好内容でした。

4着ベステゲシェンクもいい内容でしたね。