2015根岸ステークス、シルクロードS出走予定馬の一刀両断評価

Pocket

今週から開催が中山から東京に替わります。

行われる重賞は根岸ステークスとシルクロードステークス

どちらもGIに繋がる一戦で注目度は高いレースです。

最初に根岸ステークスから出走予定の有力馬を見ていき
事前評価をしていきましょう。

このレース登録馬数が多すぎて、どの馬が出走出来るのか
まだ不明確ですが、最初に注目したいのは

皐月賞馬ロゴタイプ

中山金杯で2着となり、徐々に復活の兆しが見えてきたかな
というところでの根岸ステークス挑戦。

色々想像する事はありますが、当然切りの存在です。

ずっと芝を走っていた馬がダートへ挑戦する事は間違いなくハンデです。

実際このタイプで好走する馬もいますが
大抵好走率を大きく超える人気を背負って出走してきます。

単勝20倍くらいなら買いますが、当然今回そんな人気は見込めないでしょう。
となれば、もちろん買ってはいけない馬です。

武蔵野で豪脚を繰り出したワイドバッハ

毎回堅実な末脚を繰り出す安定派ですが、今回は1400m
東京コースはプラスですが、マイルよりも差しが届きにくい舞台は
相手としてはともかく、軸には相応しくない存在です。

ここを叩き台として次走に期待したいですね。

同じく堅実派のキョウワダッフィーとエアハリファ

GIでは一歩足りない存在であるだけに
今回は好走が見込める条件が揃っていると言えます。
当然、相手には入れておかなくてはいけない馬達です。

展開面で一発を狙うなら逃げ馬サトノプリンシパル

今回はダート戦には珍しく、有力馬に差し馬が多い形で
逃げ馬であるこの馬には展開の恩恵がありそうです。

本来は平坦コースの方が高い適性があり、
今回のメンバーで能力的には微妙ですが
先行馬が有利な今回の舞台では妙味があります。

東京1400実績のあるアドマイヤロイヤル、ゴールスキーなども
出走を予定していますが、年を重ねてきているので
それであればタールタン、ナガラオリオンなどの
フレッシュな馬の方が旨味はあるでしょう。

もう一方の重賞シルクロードステークス。

こちらは比較的レベルの低いメンバー構成ですが
淀短距離ステークス組が中心となるでしょう。

主役は淀短距離Sを完勝したエイシンブルズアイ

スピード能力を買われながらも、毎回安定して走れず
くすぶっていましたが、前走は好位から完勝。

内容も良く、同じだけの競馬が出来れば今回も好走は必至でしょう。

そして、逃げて2着に粘ったアンバルブライベン

テンのスピードは凄まじい物があり、今が旬の馬です。
開催が進んだ京都でどこまで粘れるかという点が課題となります。

ツボにはまってしまえば強いのが逃げ馬なので
今回はエイシンブルズアイを逆転するところまで考えておく必要があります。

実績ではマジンプロスパー

旬を過ぎた感じはありますが、G3レベルではまだまだ地力上位
もう少し時計のかかる馬場が得意で
今回の舞台でどうかという点が不安材料。

本番よりもトライアル向きの馬で、人気がないようなら狙いたい一頭です。

4歳牝馬からはベルカントとホウライアキコが出走を予定。

ベルカントは常に気性的なバクダンを抱えていますが
京都の内回りは歓迎の舞台でしょう。

ホウライアキコは成長力が課題。
走りからは成長が見られず、まだ人気がある
ここでは買いたくない馬です。

能力のあるセイコーライコーはスピード勝負よりも
スタミナ勝負の方が向くタイプ

人気になるようなら軽視したい馬です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。