2015AJCC、東海ステークス、京都牝馬ステークスのレース回顧

Pocket

先週行われた重賞を回顧しましょう。

まず、AJCCはゴールドシップがまさかの沈没
馬券圏内にも絡めないという結果になりました。

理由ははっきりしていて超がつくほどのスローペースが原因です。

速い脚を持っていないゴールドシップは
こういう展開になってしまうと太刀打ち出来ません。

今回負けるとしたら、このパターンしかないと思っていましたが
見事に負けパターンにはまってしまいました。

得意のコースで負けてしまった事で
ゴールドシップはもう終わったのか…

と感じた人もいると思いますが、それは関係ありません。

もともとこういうタイプの馬です。

当然、ピークは超えていますが
まだゴールドシップらしさは失われていません。

そして、このスローという展開を利したクリールカイザーが逃げ切り勝ち

今回逃げ馬らしい逃げ馬がいなかった上に
積極的な田辺騎手が騎乗という事もあり
逃げるのではないかと思って、期待をしていましたが
まさに期待通りの走りを見せてくれました。

この馬自身の能力も安定をしており、
中山というコース形態もマッチしました。

GIとなるとパンチ力不足ですが、重賞なら今後も勝ち負けを期待出来るでしょう。

2着ミトラは展開の恩恵を最大限に受けた事が好走の要因です。

シンボリクリスエス産駒、
切れ味はなく、難しい面がある馬ですが、
スムーズに走れればG3レベルなら馬券圏内に入れる力があります。

3着エアソミュールはどんなレースでも毎回堅実に走ってくれる馬です。

徐々に地力もアップしており、このまま行けば
秋くらいには大仕事をやってのける可能性がありそうです。

4着マイネルフロストは前に行けずに残念でした。

日本ダービーみたいな先行して粘る競馬の方が
この馬には合っているので
もう少し前目でレースを展開すれば+αの一味が出てくるでしょう。

フェイムゲームはあの位置からでは無理です。

中山は得意なコースですが、もう少し展開が向かないとダメですね。

次に中京で行われた東海ステークスを振り返ります。

こちらはコパノリッキーが圧勝。

武豊騎手もただ乗っていただけという感じで
今回はリッキーの地力をただ見せつけた内容となりました。

これでフェブラリーステークス連覇へ向けて万全の体制
逃げでない形での勝利は期待が膨らみます。

2着にはグランドシチーが入りました。

昨年に続き2着に健闘しました、もともと地力はこれくらいある馬です。
8歳という高齢なので、GIという大舞台では厳しいでしょうが
体力が必要となるようなレース展開になれば
まだまだ重賞でもやれるでしょう。

3着インカンテーションは痛恨の出遅れ

最後追い込んだだけに残念な結果でしたが
ダートでの差し、という難しい脚質なだけに
そろそろ大野騎手では限界でしょう。

フェブラリーステークスで乗り替わってくれば
是非狙いたい一頭ですね。

ナムラビクターは4コーナーでの手応えも悪く惨敗

非常に気になる負け方でした。

ただでさえパワー型で東京は向かないタイプなのに
この負け方では、フェブラリーSは
絶望的なポジションになったと言わざるを得ませんね。

最後に京都牝馬ステークスを簡単に振り返りましょう。

このレースは逃げたケイアイエレガントが勝利

キャトルフィーユが先行策を取らなかった事で一気に楽になりました。
逃げ馬が勝つときはこんなものです。

本来は福島や中山が向いている馬ですが
牝馬同士のG3なら地力は上位の存在。

ヴィクトリアマイルは厳しいですが
他の牝馬重賞なら出番があるでしょう。

2着にはゴールデンナンバーが内から差してきました。

もともとこのレースは瞬発力のある馬が優位なレース

その中で最も上手く立ち回った馬だと言えます。
今回は出走取り消し後の休み明け
正直なところ買い要素はありませんでしたが
休みを経てリフレッシュしていたという事でしょう。

3着パワースポット、4着マコトブリジャール
自分の競馬をした結果と言えます。

やはりこのレースは差し馬有利です。

1番人気ウリウリは5着

1,2着馬は仕方ないにしても、
3着になれなかったという事はちょっと頂けません。

ただ、悲観する内容ではなかったので、次走に期待しましょう。

6着キャトルフィーユは先行してこその馬なので
差しでは結果が出るはずがありませんね。

7着ダンスアミーガは壁に当たった印象。
もう少しクラス慣れしてくれば、もっと戦えるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。