2015AJCC、東海ステークス予想|ゴールドシップ沈没する?

Pocket

今週のメインレースはAJCC(アメリカジョッキークラブカップ)と
フェブラリーステークスの前哨戦東海ステークス

注目はゴールドシップが出走するAJCC

有馬記念や中山金杯ではスピードが通用した馬場でしたが
開催も進んでいき、馬場が重くなってきました。

ゴールドシップにとっては絶好の条件といえます。
4枠8番の絶好枠で基本消す材料がありません。

単勝2倍つけば、この馬から買っていればいいんですが
きっと単勝1倍台前半でしょう。

この馬から買っているようでは馬券でプラスを目指す事は出来ません。

薄目でも妙味のある配当を狙うべきレースです。

一つ付け入る隙があるとしたら逃げ馬らしい逃げ馬が見当たらないという点

超がつくどスローのペースからの瞬発力比べ
そんな展開になればゴールドシップが取りこぼすパターンもあるでしょう。

本命 クリールカイザー です。

過去の実績を見るとマイネルフロストかミトラあたりが行くと思われますが
前走・前々走の内容から逃げるところまで考えられそうです。

近走は非常に安定した成績を残しており、今回は積極的な田辺騎手
勝ちに拘った騎乗が期待できるので、一発があればこの馬です。

対抗はもちろん ゴールドシップ

これは動かしようがありませんね。

3番手は フェイムゲーム

昨年は東京で重賞を2勝していますが、
本質的にはパワーがウリの馬で中山なら
もっと高いパフォーマンスを発揮できるはずです。

3番手以下には落とせません。

行った行ったを想定してマイネルフロスト、ミトラは抑えて
実力馬エアソミュール、ディサイファ、フラガラッハまで手広くいきます。

クリールカイザーの単勝

クリールカイザーから馬単で相手7頭への流し

ゴールドシップが2着に来た時の為の
3連単12-8から相手6頭への流し

こんな形で馬券購入をします。

一方の東海ステークスですが

こちらは開催時期が変わってからまだ2年
レースの傾向は掴めないので、通常の予想を展開しましょう。

本命は インカンテーション です。

チャンピオンカップでは惨敗の10着でしたが
前残りの競馬で展開が向かなかったと言えます。

平坦コースであれば、なお良いのですが
左回りは得意で、中京にも実績があります。

馬の地力は間違いなく、ここは改めて仕切り直しの一戦と言えるでしょう。

対抗は ナムラビクター

チャンピオンズカップ2着でここ何戦かは非常に安定しています。
この馬も地力はGI級で、相手としては外せないでしょう。

阪神や中山の方がもっと高いパフォーマンスを見せられますが
坂のある中京なら、ギリギリ範囲内でしょう。

3番手は マイネルバイカ

昨年の3着馬で、オープンクラスなら十分に勝ち負け出来る馬
ここ2戦は大敗していますが、中京での実績もあり
穴を開けるなら、外してはいけない1頭です。

昨年2着のグランドシチー

準オープンを強い勝ち方したマイネルクロップ

最後に乗り替わりが不安でもランウェイワルツ

この5頭を相手とします。

コパノリッキーは馬券から外します。

能力随一は間違いないんですが、逃げないと力を発揮できない馬

中京開催になってからの2戦は逃げ馬が残らず、
差し馬が馬券に絡む形になっているので
人気面を考えてもここは外して勝負をします。

馬券はインカン-ナムラの馬連を大本線として
以降の相手4頭にも流しいきます。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。