2015京都牝馬ステークス予想|先行力か?瞬発力か?

Pocket

今週は重賞が3つ行われるため
土曜日にも重賞京都牝馬ステークスが行われます。

京都外回りマイルコースはディープインパクト産駒の庭
というイメージがありますが、今年も昨年の覇者ウリウリが登場します。

そして、卓越したスピードで粘るキャトルフィーユ

この2頭が出走します。

ウリウリは昨年32.9秒の末脚で差し切ったように瞬発力が武器です。

今の京都の舞台に合っている末脚で、阪神カップを叩き
今回は上昇を見込める為、当然切れない馬でしょう。

ただ、1番人気が濃厚で他のメンバーと比べて
ズ抜けているという訳でもないので、3番手評価とします。

一方のキャトルフィーユですが、能力とスピードがあり、
メンバーを見ても実績最右翼の存在
ですが
過去のこのレースは上がりが速い馬が好成績を残しており
人気面からも妙味がないので、ここは外します。

本命は ダンスアミーガ です。

瞬発力を武器とする馬で新潟で2連勝した実績からも
平坦コースは得意としています。

常に上がりトップ3に入る堅実な差し脚
4番枠に入り、Cデムーロ騎手。

今回は狙える要素が揃いました。
4歳馬が強いレースでフレッシュさもある
この馬は今回期待できます。

対抗は アロマティコ

常に堅実な末脚を繰り出し、体力もあるタイプ
今回は距離短縮で瞬発力を活かせる舞台。

この馬も期待できる要素が多く
最後の最後まで本命にしようかと悩みましたが
枠順の差で今回はダンスアミーガを本命としました。

パワースポットやメイショウスザンナなど
消すことの出来ない伏兵も何頭かいますが
ここは潔く3点に絞ります。

ダンスアミーガ、アロマティコが頭で決着することを期待して
ウリウリを含めて3頭の馬単ボックスと3連複1点とします。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。