宝塚記念2021予想|カレンブーケドールに該当する消しデータとは!?天皇賞春組に秘められた不安材料とは

Pocket

ここでは

宝塚記念2021を予想する際に必要となる
カレンブーケドール、アリストテレスの考察について
消しデータが出ている天皇賞春組について分析してきたいと思います。

 

 

 

こんにちは、MOTOです。

2021年の宝塚記念はどうやら
クロノジェネシス、レイパパレ2強の様相を呈しています。

この2頭は力の違いがある印象を受けますよね。

となると、気になってくるのは2強に入ってくる可能性のある馬たち

宝塚記念2年連続2着のキセキも気になるところですが
何と言っても馬券を左右しそうなのは

前走天皇賞春を使ってきた カレンブーケドール、アリストテレス です。

 

という事で、今回は馬券の肝となりそうな
カレンブーケドール、アリストテレスは好走できるのか?

過去に出走した天皇賞春組の成績と照らし合わせながら
2頭の検討を行い、データ的に消しなのか?買いなのか?

結論を出していきたいと思います。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

宝塚記念におけるカレンブーケドール、アリストテレスの取捨を考える

宝塚記念における前走天皇賞春組の成績について

まずは宝塚記念における過去10年の
前走天皇賞春出走馬の成績を見てみましょう。

全成績を見てみると

【4.3.3.31】

複勝回収率も非常に優秀で

”前走天皇賞春に出走していた馬は宝塚記念で走りやすい”

という事は言えますよね。

 

じゃあ、カレンブーケドールもアリストテレスも買いだ!

というのはちょっと早計です。

天皇賞春に出走した馬の成績をもう少し
細かく分析していきましょう!!

 




 

前走着順からカレンブーケドール、アリストテレスを評価する

まず注目したいのは宝塚記念における天皇賞春の着順別成績です。

このデータを見るとあからさまに傾向が分かれています。

天皇賞春1~3着馬 【0.0.2.14】

天皇賞春4着以下馬 【4.3.1.17】

天皇賞春で4着以下に敗れた馬の方が
宝塚記念で活躍している事が分かります。

天皇賞春は京都芝3200mというタフな舞台なので
ここで力を使い果たした馬はその反動が宝塚記念で出てしまう。

という事が分かります。

天皇賞春でレコード勝ちを見せたキタサンブラックも
宝塚記念では単勝1.4倍という圧倒的人気を裏切って9着

3度目の挑戦で悲願の春天タイトルを手に入れたゴールドシップも
3連覇を賭けた宝塚記念でまさかの大出遅れで15着
(逆に天皇賞春で敗れた年は宝塚記念を勝利)

堅いと思われた実力馬も脆くも敗れ去っています。

前走3着のカレンブーケドールは黄信号

前走4着のアリストテレスは青信号

という事がデータから出ていますね。

 



 

前走の競馬内容からカレンブーケドール、アリストテレスを評価する

次に宝塚記念における天皇賞春の4角順位別成績です。

前走4角3番手以内にいた馬の成績は

【0.1.1.14】

複勝回収率32%

と絶望的な成績になっています。

先ほどの消耗度合いと同じ話になってきますが
3200mという長丁場で先行押し切りを図ろうとすると
かなり馬に負担がかかります。

今年は阪神競馬場で行われているので
消耗度合いは例年以上になる事が想定されます。

ここでカレンブーケドールとアリストテレスの
天皇賞春における4角順位別成績を見てみると

カレンブーケドール 2番手

アリストテレス 4番手

こちらもカレンブーケドールは黄信号

アリストテレスは青信号

という事がデータから出ていますね。

 

 

それ以外のデータからカレンブーケドール、アリストテレスを評価する。

ここまでは天皇賞春組の前走着順・4角順位別成績から
カレンブーケドール、アリストテレスの好走の可能性を見ていきましたが

ここからは他のデータについて見ていきます。

 

天皇賞春、宝塚記念での年齢別成績を見てみると

カレンブーケドール5歳、アリストテレス4歳と
どちらもデータ的には青信号。

 

天皇賞春での人気別成績を見てみると

10番人気以下は絶望的

カレンブーケドール3番人気、アリストテレス2番人気
どちらもデータ的には青信号。

 

宝塚記念での騎手別成績を見てみると

騎手の乗り替わりは大きく回収率を下げる。

カレンブーケドールは戸崎圭太騎手の継続騎乗
アリストテレスは武豊騎手へ乗り替わり

カレンブーケドールは青信号
アリストテレスは黄信号

 

天皇賞春での上がり3ハロン順別成績を見てみると

上がり3ハロン1,2位は苦戦傾向

カレンブーケドール 上がり3ハロン5位
アリストテレス 上がり3ハロン3位

どちらもデータ的には青信号。

 



 

< まとめ >

宝塚記念2021予想の肝となる有力馬2頭
カレンブーケドール、アリストテレスについて検討し
天皇賞春組のデータなどについて分析していきました。

データ的に消しの要素が多かった カレンブーケドール

データ的に買いの要素が多かった アリストテレス

今回はアリストテレスの方が買い

このように結論を出したいと思います。

宝塚記念2021予想の役に立ててほしいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので
普通の予想とは全く違う見解が聞けますので
是非、一度のぞいてみて下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑