2015京成杯、日経新春杯回顧|ハービンジャー産駒の特徴が見えた

Pocket

先週行われた重賞京成杯は
新種牡馬ハービンジャー産駒のベルーフが勝利

待望の産駒初重賞を飾りました。

ベルーフ自身は後方から差してくる強い競馬で
今後の活躍が期待出来るのはもちろんですが
ハービンジャー産駒の輪郭が見えてきました。

産駒は総じて瞬発力があるタイプはおらず、パワーのある推進力型

瞬発力が要求される京都のような馬場よりかは
力の要求される阪神・中山の方が合います。

長距離の適性は未知ですが、
中距離に高い適性を見せており、短距離は向かない。

気性は気難しさを持っている産駒が多く
勝つときは強い勝ち方をするものの
負けるときは非常に脆い。

これが現段階で見えてきたハービンジャー産駒の特徴です。

と言う事で、ベルーフは皐月賞に向けては有力候補になりますが
日本ダービーに向けては不安の方が多い危険馬ですね。

いずれにしてもここからどのような新味を見せてくるか注目です。

2着ブラックバゴは終始掛かり通しでありながら
最後伸びてきたので、能力は間違いなく高いでしょう。

東京はまだわかりませんが、皐月賞なら十分に狙える器です。

3着クルーガーも狭いところを伸びてきた点は評価出来ます。

が、GIという観点から考えると上位2頭とは一枚劣りますね。

ソールインパクトは健闘しましたが、ここまででしょう。
堅実性は買いですが、もっと相手が強くなったときは
さすがに能力的に通用しなくなりますね。

クラージュシチーは気難しさが出た印象で
まだ見限るのは早いです。
もっとスムーズにストレス無く競馬が出来る舞台なら
巻き返しは考えられる馬です。

タケルラムセスは底割れした印象ですが
もう一走様子を見たいですね。

さて、一方の日経新春杯ですが

こちらは日本ダービー以来となるアドマイヤデウスが勝利

岩田騎手の好騎乗があった事は見逃せませんが
京都の軽い馬場、久々の実戦をあっさりクリアして見せた点は驚きました。

この勝利で全てを決める事は出来ませんが
私が考えているよりも強い馬なのかもしれませんが
私はまだ半信半疑なので、次走に注目です。

2着は実力馬フーラブライド

この馬に関してはもともとこれくらいの実力がある馬なので
結果について驚きはありません。

ヴィクトリアマイルは適性的に疑問ですが
秋のエリザベス女王杯までコンスタントに走ってくれるでしょう。

3着アドマイヤフライトは近走不振でしたが
得意の京都で巻き返してきました。

ただ、今後の活躍となると強調すべき点はなく
ここ一発だけ、という見方が妥当です。

人気のタマモベストプレイ、サトノノブレスは良いところ無く惨敗

タマモベストプレイはもう少しストレスのない競馬の方が
持ち味を発揮出来るので、単騎逃げもしくは2番手の競馬が
見込めるメンバーになったら再度買いたい馬です。

サトノノブレスは昨年よりも条件が厳しかった上に
外を回った形だったので、仕方ありません。
オールカマーでも謎の惨敗をした馬で
気性的に安定して走れるタイプではないという事が分かります。

トウシンモンステラは人気しすぎですね。
そこまで人気になる馬ではない、というだけです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。