2015京成杯予想|外枠からの差しが利かない舞台?

Pocket

今週のメインレースは京成杯と日経新春杯

ここでは皐月賞と同じ条件で行われる京成杯について
検討をしていきたいと思います。

例年は外枠の差し馬が優勢な舞台

冬の中山は馬場が荒れており、内で粘る事が困難。
馬場のいい外を差す馬が台頭してくる、という構図なんですが
今年は少し様相が違います。

同じ条件で行われたホープフルステークスや
暮れの大一番有馬記念など
内をついて伸びて来る馬が目立っています。

ディープインパクト産駒の活躍も目立つように思ったより
走りやすい馬場なのではないかと推測されます。

その辺りを考慮する必要があるでしょう。

本命は ブラックバゴ です。

前走は内から差してきての3着
直線一瞬内が詰まった中での末脚は内容が濃い走りでした。

今回も7番枠とレースのしやすい位置で
差し脚を活かせる流れになる公算が高いので本命としました。

対抗は クルーガー

今回は目立った逃げ馬がおらず、内の馬も失速しないレースが多いので
相手にはコースロスなく粘り込みを計る馬を狙います。

この条件下では一番期待出来る馬です。

三番手は クラージュシチー

菱田騎手は心配の種ではありますが、未勝利戦でのぶっち切り
東スポ杯の追ってイマイチの内容から力の要る馬場で
前目からレースを運ぶのが適条件だと言えます。

そんなレースが出来る枠に収まったので積極的なレースに期待です。

次に前走はかなり厳しいペースでの追走でバテたブライドバローズ

2戦2勝で底を見せていないタケルラムセス

勝負するなら、この4点勝負です。

が、抑えるなら実績上位ソールインパクトと

スピード競馬が苦手で中山なら切れないベルーフ

までを視野に入れてもいいでしょう。

内差しの展開になると厳しい2頭ですが。

ブラックバゴから相手4点を本線として、抑え2頭という形で買いたいと思います。