2015シンザン記念、フェアリーステークスのレース回顧

Pocket

先日行われた重賞は3歳重賞
「シンザン記念」と「フェアリーステークス」でした。

双方ともにお世辞にもレベルが高いとは言えないレースでした。

おそらくGIで必要な馬はいませんが
レースを振り返って各馬の将来性などを確かめていきましょう。

まずシンザン記念は武豊騎手のグァンチャーレが押し切り勝ち

非常にロスのない競馬をしての勝利でしたが
直線の脚を見ていると反応こそ良かったものの鋭さはありませんでした。
瞬発力勝負のようなレースになったら負けるタイプですね。

もっと直線が短いパワーが要る馬場の方が力を出せるでしょう。
そういった意味では皐月賞トライアルやニュージーランドトロフィーまでは
馬券の検討に入れる事が出来るでしょう。

2着ロードフェリーチェは内めから伸びてきました。

最後は止まってしまいましたが、ラスト200mくらいまでの
伸び脚は素晴らしい物がありました。

スピード負けするタイプなのか、距離が長かったのか
ここらへんの原因はもう少し走ってみないとわかりませんね。

3着ナヴィオンは今回は目の覚めるような末脚を繰り出せました。

どうやら平坦なコースの方が末脚を発揮できるようです。
逆に坂があるコースではちょっと厳しいですね。
そして平坦コースでも重賞を勝ち切れるほどの力は現状ではありません。

次走また人気になるようなら危険ですね。

4着ダッシングブレイズは外を回った分、伸びを欠いた形で
負けはしたものの今回のメンバーならこの馬が一番の素質と言えるでしょう。

それ以外にはコメントするような馬は特にいませんね。

それほどレベルの高くない人気上位馬達が差してきた事を踏まえると
下位グループはもっとレベルが低かったと言えるでしょう。

そして、月曜日に行われたフェアリーステークス

こちらは黛騎手騎乗のノットフォーマルが逃げ切り勝ち。

平均ペースでしたが、結果的には
内が有利な展開となった点が最大の勝因です。

展開に恵まれたというよりは、展開の妙味という形での勝利なので
力で勝っているという事ではありません。

2着にはローデッドが入りました。

こちらは道中でポジションを上げていった戸崎騎手の好騎乗です。
最後の直線勝負を仕掛けていたら箸にも棒にも掛からなかったでしょう。

3着テンダリーヴォイスと4着コートシャルマン
同じような競馬をしましたが
内枠を利して伸びがあの程度であれば
あまりいいパフォーマンスとは言えません。

逆に負けた組では大外を回したエヴァンジルなどは
内外の差で負けたので、上位馬とは能力さはないでしょう。

いずれにしても上位馬も下位馬も大したレベルではないと判断できます。

もう一つ印象的だったのは、2,3着がディープインパクト産駒であるという事。

有馬記念もそうでしたが、今回の中山は時計がかかる馬場でありますが
バリバリのパワー型というよりも、スピードを備えた馬の方が好走しやすい
という傾向がありますね。

来週の京成杯、再来週のAJCCを予想する際に参考にして下さい。