2015フェアリーステークス予想|赤松賞組vs阪神JF組

Pocket

今日のメインレースはフェアリーステークス

中山芝1600mという条件もあって
毎年荒れる事で有名なレースです。

過去5年の傾向を見てみても
枠順の有利不利もなく、展開もバラバラ
と、傾向は見受けられず予想する方としては非常に困ったレースです。

本来であれば勝負するレースではありません。
(さすがに私もこのレースは買いません。)

このレースよりかは傾向がハッキリとしている
京都のメインレース淀短距離ステークスの方が断然勝負が出来ます。

※ こちらのレースは予想は載せません。
  が、当然エイシンブルズアイやマコトナワラタナは軸ではありません。

ですが、そんな難解なフェアリーステークスにも少しヒントがあります。

まず、大きく見た時に中山芝マイルは7,8枠が不利である事。

次に中山の芝は時計がかかっているという事。
(使用コースも変わっていない)

最後にメンバーを見渡した時に逃げ馬が存在しない為、
スローペースが必至であるという事。

この3つに該当する馬をチョイスしていく事が王道の予想と言えるでしょう。

メンバーを見渡すと人気になりそうなのは
前走でGI阪神ジュベナイルに出走した組か
500万特別赤松賞に出走していた馬。

という事で本命は エヴァンジル です。

まだキャリア2戦ですが、共に上りは最速タイ
前走は道中7番手とそれなりの位置につけており
今回はレースのしやすい中めの9番枠

思い切った騎乗が信条の田辺騎手なら積極的に乗ってくれそうですし
人気面でも妙味がある存在なら狙えます。

相手は阪神JF組からコートシャルマン、トーセンラーク

赤松賞組からはテンダリーヴォイス、カービングパス

穴では初めての中山、初めてのマイルで新味が出る可能性のある
マツリダゴッホ産駒ヤマタケマツリ

こちらも初めての中山で父ヴァーミリアン、母父ゴールドアリュールと
中山替わりがプラスになるであろうマラケシュ

この辺りを注意したいですね。

いずれにしてもこのレースは馬券を買わないので
各馬の走りを見て、実力を計るのに使ってください。

勝負は淀短距離ステークスで出来ます。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。