里見治オーナーに聞く!サトノレイナスはなぜ日本ダービーを選択したのか?ルメール、国枝調教師の影響か!?

Pocket

ここでは

日本ダービー2021を予想する際に必要となる
サトノレイナスはなぜ日本ダービーを選択した理由

について話をしていきます。

決断したのは里見治オーナーなのか?
ルメール騎手なのか?国枝調教師なのか?

推察していきながら、サトノレイナスが日本ダービーで勝てる勝算と
馬券的な期待値についても話していきたいと思います。

 

 

 

こんにちは、MOTOです。

2021年の日本ダービーはどうやら
エフフォーリア1強の様相を呈しています。

皐月賞を完勝しており、力の違いを見せた印象がありますよね。

そんな中で唯一エフフォーリアとの勝負付けが済んでいない馬が1頭います。

それは桜花賞、阪神JFと2着に入った
ディープインパクト産駒のサトノレイナスです。

距離適性やコース適性、相手関係などを考えると
オークスに向かった方が勝算は高かったと思いますが
陣営は敢えて日本ダービーへ駒を進めてきました。

 

という事で、今回はサトノレイナスが
なぜ日本ダービーへ出走することになったのか??

競馬週刊誌「週刊ギャロップ(Gallop)」2021年5月30日号での
里見治オーナーへのインタビュー記事を元に

サトノレイナスが日本ダービーへ出走するに至った経緯をお話しして
それぞれの陣営の思惑を推察していきたいと思います。

日本ダービーで最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラ ⇒ 人気ブログランキングへ

 

競馬雑誌「週刊ギャロップ(Gallop)」を格安で読む方法

「週刊ギャロップ(Gallop)」は「楽天マガジン」で購読する事で格安で読むことが出来ます。

「楽天マガジン」とは週刊ギャロップに限らず
500誌以上の雑誌が好きなだけ読めるサイトになっています。

「週刊ギャロップ」は楽天マガジンだと、
年間契約で月額165円(税込)で読めます。【期間限定】
(定価で買うと1冊750円で、割引率94.5%です)

楽天マガジンは楽天市場のアカウントがあれば
1,2分で登録が出来るので、興味のある方は是非登録してみて下さい。

【期間限定】月額165円で雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

 

サトノレイナスの日本ダービー出走を決めたのは誰だ??

一番気になるのは

「サトノレイナスがなぜオークスではなく、日本ダービーを選択したのか」

という事ですよね。

 

この謎に対して、里見オーナーは
Gallopの紙上インタビューで以下のように答えています。

「出来れば男馬でダービーを取りたいですが
これだけ調教師もジョッキーも『適性がある』と
言ってくれるので、牝馬でもダービーを取れるならありがたい」

里見オーナーは過去サトノダイヤモンドで2着
サトノラーゼンで2着、サトノクラウンで3着と惜しいところまで
いっていますが、ダービーを勝利したことはないので

ダービー制覇がオーナーとしての悲願である事は間違いないと思いますが
「サトノレイナスで是非ともダービーを!」という感じは伝わってきません。

 

ここで里見オーナーの話をもう少し聞いてみます。

「桜花賞ではとても届かないような位置にいたが
そこから2着まで上がってきた。
上がり3ハロンのタイムはソダシより0.9秒速いので
レースの内容ではソダシに負けていない」

 レース後に国枝調教師とルメール騎手の間で

 『これならダービーに行った方がいいのでは』

という話があったそうです。

 「それまでは牝馬だから別に行かなくてもいいよと
受け流していましたが、ルメールがこの馬ならダービーに行ける
行くなら乗りたい、という意見があり、ダービー参戦を決めました」

このように答えています。

 

そして里見オーナーは国枝調教師についても以下のように語っています。

「調教師も(日本ダービーを)とりたいという気持ちがあるのでしょう。
アーモンドアイの時も、どうも
その思い(ダービー参戦の想い)はあったようですよ(笑)」

これまでの話を総合すると
里見オーナーはダービーを取りたいけれども

今回のサトノレイナスのダービー挑戦は
国枝調教師、ルメール騎手の進言がもとになった

という経緯である事が分かります。

 




 

国枝調教師とルメール騎手の思惑は??

ここからは私の想像になりますが
国枝調教師とルメール騎手にどんな思惑があって
サトノレイナスを日本ダービーへ出走させようとしているのか??

という事について推察していきたいと思います。

 

まずは国枝調教師の立場になって考えてみます。

国枝調教師はアーモンドアイ、アパパネといった
牝馬3冠馬を2頭輩出しており、オークスは2勝しています。

対するダービーの成績は【0.0.1.6】

コズミックフォースが3着に入っていますが
日本ダービーを勝てるという感じではありません。

現役生活を長く残されている状態ではないので
ホースマンたちの目標であり、夢である日本ダービーを
是が非でも獲りたいという思いが湧き上がるのは当然の事だと言えます。

 

オークスではアカイトリノムスメという有力馬がいたので
こちらにルメールを回して、オークスも狙える(結果は2着)

というシフトを敷けるので、今回のサトノレイナスの
ダービー参戦を決めたのではないかと推察しています。

つまりソロバンを弾いて
「これは勝てる!」という手応えを掴んだから
ダービーへの出走を決めたのではなく

少しでもチャンスがあるのであれば、
夢のダービー制覇にチャレンジしたい。

という状態・心境ではないかなと思います。

 



 

一方、ルメール騎手はどうでしょう。

ルメール騎手は皐月賞に騎乗しており
アドマイヤハダルで4着に入っています。

しかし、アドマイヤハダルはダービーよりも皐月賞向きの馬ですし
皐月賞の内容を見るとダービーはノーチャンスという感じだった。

過去にはレイデオロでダービーを勝っているものの
このままの状態ではダービーはただ騎乗するだけになってしまう。

ただ、国枝調教師の悲願であるダービー制覇の夢に乗っかれば
ダービーを勝つチャンスのある馬に乗る事が出来るし
(サトノレイナスは東京2400m適性のある馬)
オークスでも勝つチャンスのあるアカイトリノムスメを譲ってもらえる。

ダービー・オークスのW制覇も見込める。

そんな心理が働いたのではないかと推察します。

実に一流騎手らしいクレバーな思考だと思います。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< まとめ >

今回日本ダービーへの参戦を決めたサトノレイナスですが
実質この挑戦を決めたのは国枝調教師とルメール騎手である。

国枝調教師は悲願である日本ダービー制覇を成し遂げたいという思いから

ルメール騎手はオークスとダービーの双方で効率よく
ある程度の勝率がある馬に乗りたいという思いから
里見オーナーへ進言したのではないかと思われます。

ロジカルな思想ではなく、夢などを追う気持ちや感情面
が大きいような雰囲気が漂うので

今回のサトノレイナスに過剰な期待をするのはどうかなと思っています。

結果はどうなるのか?
楽しみですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので
普通の予想とは全く違う見解が聞けますので
是非、一度覗いてみて下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑