2015中山金杯、京都金杯レース回顧|ロゴタイプは早熟?

Pocket

先日行われた中山金杯と京都金杯

この2レースを振り返って次走以降の馬券の参考としましょう。

まずは中山金杯から

先行策から直線始めに抜け出してきたロゴタイプですが
最後はラブリーデイにあっさりと交わされてしまいました。

良い頃のロゴタイプはあのまま勢いが止まらなかったのですが
ラブリーデイが差してきたというよりも
ロゴタイプが下がったという印象を強く受けました。

皐月賞以降勝利から見放されていますが
今回の条件と相手で勝てないようではきっと難しいでしょう。

成長力がないタイプで早熟だと言えるでしょう。

勝ったラブリーデイは直線の短い中山コースが幸いしました。

追って味のあるタイプではないので、
直線の短いコースはこの馬に向いています。

キングカメハメハ産駒らしくパワーがある馬で
今後もこの情報は覚えておきましょう。

3着はデウスウルト

直線は上手く内を突いて伸びきてきました。
上がり最速33.9秒を繰り出した点は評価が出来ますが
今回はコース取りを上手くしたという事を踏まえる必要があるでしょう。

そして、スピードコースでどこまで通用するかも
しっかりと見ていかないと難しいですね。

今回は前に行った馬が好成績を残した中で末脚が目立ったのはアイスフォーリス

ステイゴールド産駒の中でもスピードに優れたタイプで
今年はどこかで重賞を勝つでしょう。
人気がない時には積極的に狙っていきましょう。

人気のラブイズブーシェは展開に殺されました。

全く自分の競馬が出来なかったので
次走見直したいですね。

マイネルミラノはちょっと人気になり過ぎでした。

このタイプは人気過剰になる事が多いので
間違っても軸にしてはいけません。

次に京都金杯を振り返ってみましょう。

勝ったウインフルブルームは逃げて粘るという結果

グランデッツァが直線並んだことで
程よく火がついて、グランデッツァが自滅した事で
理想のレースが出来ました。

この馬は末脚がないタイプなので
瞬発力勝負になった時には脆いという事を覚えておきましょう。

2着にはエキストラエンドが入りました。

最内枠から好位をキープして、直線も内を突く競馬
この競馬が出来れば連は外しようがないですね。

今回これだけ人気がなかったのが不思議です。
夏に弱いのかもしれませんが、昨年冬の実績を見る限り
今年はもう少し上のレベルで活躍できそうです。

3着にはマイネルメリエンダ

好位からしぶとく脚を伸ばして3着に食い込みました。
切れる脚はなさそうですが、長く良い脚を使うタイプですね。
チーフベアハート産駒らしく、京都は合いそうです。

4着フルーキーはもう一つ伸びきれませんでした。

枠順も悪くなかったので、能力的にはここで頭打ちの可能性があります。
次走どれだけ人気になるかわかりませんが
あまり過剰に人気になるようなら考えなくてはいけません。

1番人気グランデッツァは5着

先ほどもいったように展開が向きながら自滅しました。
GIを獲れる能力はあるんですが、気分屋ですね。

秋山騎手には荷が重い馬です。
外国人騎手が乗って気分よく走れば、もっと安定して走れるんですが…

負けた組では先行して粘ったレッドデイヴィス
上がり最速を記録したブレイズアトレイルには
注目をしておきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。