2015中山金杯、京都金杯予想|コースの特徴から穴馬を狙う

Pocket

今日の重賞は中山金杯と京都金杯

2015年一番最初の重賞で縁起物としても捉えられているレース。

ハンデ戦なので、一見難しそうに感じますが、
意外にも双方とも特徴がはっきりしているレースなので
その辺りを踏まえながら予想をしていきましょう。

まずは中山金杯

このレースですが、12月の中山開催から続く
冬の馬場の影響で力の要る馬場となっています。

なので、スピードや瞬発力で勝負するタイプはダメ

力があってある程度前で競馬出来る馬を狙うべきでしょう。

そうなると一番最初に目が行くのが皐月賞馬ロゴタイプ。

確かにGIを正攻法で勝った底力と中山適性には一目を置くべきです。
ただ、1点気になるのは皐月賞以降大したレースが出来ていないという点
唯一馬券に絡んだ中山記念以外はまったく見せ場がありません。

この内容からも成長力がない事は明らか。
今回は1番人気も濃厚で今回は対抗止まりとします。

本命は クランモンタナ です。

非力な馬が多いディープ産駒の中にあってパワー型の持久力タイプ
兄キャプテントゥーレ同様切れる脚がないものの先行力があり
地力もG3なら通用します。

ハンデ55kgで人気も手頃、ここは狙って妙味のある馬です。

3番手は ラブイズブーシェ

昨年は函館記念を勝利してから、札幌記念・天皇賞秋と4着と
非常に内容のある走りを見せています。

今の充実度から見れば1番の存在。
パワー型で中山も合うタイプ
あとは鞍上の古川騎手がこの枠からどう捌くかに注目です。

あとは渋い馬場が合い、先行力のある ケイアイエレガント

同じく先行力には定評のある メイショウナルト

4歳馬で適距離に戻ってくる マイネルフロスト

最後に上がり馬 マイネルミラノ

ここまでを相手とします。

クランモンタナから馬連・3連複で勝負したいと思います。

もう一方の京都金杯ですが、このレースは極端なほど内枠が有利です。

脚質の有利不利についてはレースの流れによって変わってくると思いますが
今回はマイルCS3着のグランデッツァが人気となりそうで
この馬が早目に仕掛けて逃げ馬には厳しいレースになるのではないかと思います。

その辺りを踏まえて、

本命は エキストラエンド です。

昨年のチャンピオンですが夏は謎の体調不良に見舞われ、スランプ状態でした。
が、徐々に自身の走りを取り戻して前走は5着と健闘

今回は最内枠を引いて前が空いたところで
瞬発力を生かせれば突き抜けるところまで想定出来そうです。

対抗は グランデッツァ

マイルチャンピオンシップでも本命にしていた馬ですが
その地力の高さは抜けており、京都には高い適性を持っています。

ちょっとムラがあるタイプですが、対抗より下の評価は出来ません。

3番手は フルーキー

まだこの馬の真価を計りかねていますが、何より勢いがある馬。
京都での勝ち鞍もあり、今回は岩田騎手を配してきた点は評価出来ます。

やはりこの馬も外せない存在でしょう。

続いて シェルビー

この馬の最大の売りは安定感。

京都芝の成績が〔3.4.1.0〕
全成績が〔6.5.1.2〕

と、とにかく馬券に絡む率の高い馬。
重賞に入って地力が問われますが、2度目の挑戦で
少し慣れが見込める点もプラスです。

最後に抑えで ウインフルブルーム

この馬は瞬発力がないタイプなので、エキストラエンドが突き抜けるような
展開になったとしたら、馬券に絡まないような気がしますが
シェルビー同様の安定感と京都適性の高さから3着までなら考えなくてはいけないでしょう。

馬券はエキストラエンドから馬連・3連複から4点。

単系の馬券も抑えておく必要があるでしょう。

東西のメインレースどちらかは当てておきたいところですね。