2014有馬記念、ホープフルステークス予想|芝の重さとの関係性

Pocket

今週のメインレースは

『有馬記念』

競馬ファンならずとも盛り上がる
一年で一番馬券が売れるレースです。

この日は私も競馬場に行って生の競馬を楽しもうと思います。
(東京競馬場ですが…)

さて、今年の有馬記念は豪華メンバーが揃いました。

ジャパンカップを圧勝したエピファネイア

今回が引退レースとなるジャスタウェイ、ジェンティルドンナ

一昨年のチャンピオンであるゴールドシップ

予想のしがいのあるメンツとなりましたが
まずは有馬記念の特徴を簡単におさらいしましょう。

・パワータイプの馬が活躍

・3~5歳の馬が活躍

・上がりがかかる時は差し有利、上がりが速い時は前有利

このような形になっています。

上がりが速いか遅いかで、適性の高低が変わってきそうなので
どちらかに決めて、そっちに賭ける

という形が一番メリハリがあっていいでしょう。

私は中山8日目である事や凍結防止剤が撒かれた事から
時計のかかる馬場で差し馬が台頭する方を考えたいと思います。

本命は ゴールドシップ 

一昨年勝利、昨年は3着とこの舞台での適性は間違いありません。

今年の宝塚記念も制しているように地力も上位の存在ですが
唯一の不安は状態面。

こればっかりは想像するしかできないですが
凱旋門賞は力を全く出していない事や
ジャパンカップなどのレースを使わなかった事を
ポジティブに捉えたいと思います。

鞍上岩田騎手も文句なく、信頼のおける本命だと判断します。

対抗は ワンアンドオンリー

もともとこの馬はパワータイプの馬で弥生賞、皐月賞のパフォーマンスは
日本ダービーでの走りよりも遥かに上の物でした。

高速馬場の菊花賞で敗れ、ジャパンカップでも凡走
人気面では上位4頭に水をあけられ、
ここが絶好の狙いどころ。

対抗はこの馬以外には考えられません。

3番手は トゥザワールド

春の段階ですでに完成されていたので
秋は他の馬に抜かれていってしまった感じでしたが
この馬の最大の武器である機動力、器用さが活かされるのが、今回の舞台です。

能力的には一歩劣りますが、兄のトゥザグローリーも
2回穴を開けているように有馬記念に高い適性を持っているのは間違いありません

次に徐々に復調気配を見せている フェノーメノ

本来、もっとスピードが活かせる舞台の方が走りますが
日経賞で勝っているように、この舞台も十分にこなせます。

相手本線としては、この3頭をとります。

あとは前走負け過ぎの感があるも、高い適性と地力を持っている ウインバリアシオン

マイラーで明らかな距離不安も重い馬場は得意な ジャスタウェイ

一昨年の有馬記念2着も近走大不振の オーシャンブルー

この3頭を3連単要員としていれておきます。

ジェンティルドンナは力落ちが顕著である
最もこの馬の力を発揮できない舞台なので切り

ジャパンカップを圧勝したエピファネイアも
鞍上乗り替わりはマイナスな上に
外枠を引いて、暴走しかねないリスクが更に増しました。

しかも、一番人気濃厚という点で到底買える馬ではありません。
当然、馬券からは切りますね。

ゴールドシップから馬連で3点

3連複であれば1頭流し、
3連単であれば1着固定で2,3着に相手6頭をとろうと思っていますが

当日の馬場の感じやレースの流れを見て
買い目は微調整したいと思います。

ラスト1戦なので、しっかりと利益を出したいですね。

最後にホープフルステークスを少し検討しましょう。

このレースも中山で行われるため、上がりの速さよりも
機動力、前に行ける脚がある馬の方が好成績を残していますね。

人気はダノンメジャー、タンタアレグリアあたりが被りそうですが
双方ともゴリゴリの差し馬。

人気なら他の馬から行くべきでしょう。

前走で謎の大敗したティルナノーグの一気の巻き返しを考えるなら
理由ある敗戦をした馬の方が狙った妙味があります。

まだ、買い目が決まっていませんが
(これを書いているのが金曜日なので)

マイネルジュバリエ、レトロロック、ソールインパクト

あたりを中心に馬券を検討したいと思います。