今週は芦毛のディープ産駒ダノンプラチナ|2014朝日杯FS回顧

Pocket

先週行われたGI朝日杯フューチュリティステークスは

ディープインパクト産駒ダノンプラチナの勝利

レースは中団から4角で豪快に大外を回して
そのまま押し切り勝ち

内容のある強い競馬でした。

ダノンプラチナはディープインパクト産駒にしては
重い走りをする馬で、将来性も十分だと言えるでしょう。

来年が楽しみですが、蛯名騎手が言っていた通り
距離が延びてどうでるか?

という点はまだ見えてきません。

春初戦は注目ですね。

2着は14番人気の アルマワイオリ

前走はかかり通しで4着に敗れてしまいましたが
今回はしっかりと折り合って力を出しました。

血統・騎手と人気にならない要素が満載でしたが
今回の走りでこの馬の力は見直されるでしょう。

ただ、末脚を見ていると力の要る馬場の方が力を出せそうですね
ダービーよりも皐月賞向きの走りでした。

3着クラリティスカイは最後力尽きました。

比較的前にいた組の中では頑張った方ですが
1,2着とは地力の差が出たといった印象。

クロフネ産駒ですし、これ以上上がり目を期待するのは難しいかもしれません。

逆に4着ネオルミエールの方はいい末脚でしたね。

レースが終わってから伸びた感じもありますが
あの末脚はまだ見限るには早いでしょう。

ネオユニヴァース産駒で中山のレースでは期待したいですね。

5着のアクティブミノルも逃げて頑張りました。

先行馬撃沈の流れを粘って5着
距離は短い方がいいと思いますが
オープンレベルならマイルでも頑張ってくれる馬かもしれません。

人気のアッシュゴールドは8着惨敗

上がり3Fはダノンプラチナとは0.1秒しか変わらない35.5秒
それほど悪い内容だとは思えませんが、まだ未熟ですね。

兄2頭ほど大成するかはわかりませんが
まだ伸びしろがある馬ですね。

期待したナヴィオンは11着

今回は末脚がまったく活きませんでした。
新潟での新馬戦で圧勝したように走りが軽いようです。

京都でのレースで見直したいですね。

一応、このレースで2歳王者が決まりました。

ただ、来年のクラシックの輪郭は依然見えないまま。

次週のホープフルステークス、来年の3歳重賞
全てに注目ですね。

今は馬券を買う時期ではなく、情報を集める時期です。

やみくもに2歳重賞には手を出さず予想の精度を高めていきましょう。