2014有馬記念|ジェンティルドンナ、ジャスタウェイの引退戦は?

Pocket

今週のメインレースは1年の総決算

『有馬記念』

言わずもがな、一年で一番馬券の売れるレース
つまり盛り上がるレースです。

是が非でも当てたい一戦
有力馬各馬を見てみましょう。

まず注目したいのはこのレースで引退が決まっている
ジェンティルドンナとジャスタウェイ

この2頭の評価ですが、ジェンティルドンナ
残念ながら、今回は好走は無理でしょう。

元々力の要る競馬場は苦手な上に、今年はピークを過ぎて力落ちもしている。
常識的に考えてなぜ出走に至ったかはわからないというレベルです。

今回は引退戦、陣営としてはとにかく無事に帰ってきてほしいという
状況なのではないかと思います。

とにもかくにも馬券を買う必要はありません。

対するジャスタウェイ

こちらはまだ好走する余地があります。
が、根本的に距離が長いです。

ジャパンカップのように最内で極限までに距離ロスを抑えて
走る事が出来れば、好走する可能性があるというだけで
こちらも馬券的には厳しいといえるでしょう。

引退を迎える2頭に厳しい評価を与えましたが
おそらく1,2番人気となるエピファネイアとゴールドシップはどうでしょう。

ジャパンカップを圧勝したエピファネイア

前走の勝利だけで一気に株を上げた感じは否めませんが
ジャパンカップでも本命にしたように
もともとの潜在能力はピカイチのものを持っています。

ですが、この馬の課題は常にかかる気性面

前走はスミヨン騎手の技術が冴えた印象で
今回は川田騎手に乗り替わるという点は非常に不安です。

乗り難しい馬なので、1番人気に見合うだけの期待値はないでしょう。

距離や馬場はさほど心配する必要はないと思います。

人気の一角を背負うゴールドシップ

こちらの課題は凱旋門賞からのぶっつけ本番だという事
休み明けはそれほど苦にするタイプではありませんが
今回は海外帰りだという点には注意を払いたいところです。

ただ、一昨年は優勝、昨年は3着

とこのコースでの実績は十分で、パワーのかかる馬場はもってこいで
今回のレースで最も計算のできる存在と言えるでしょう。

この4頭が人気上位を形成しそうですが、実績で負けていないのが、

今年のダービー馬ワンアンドオンリー

菊花賞はハイペースに巻き込まれて9着
ジャパンカップは単純な力負けで7着でしたが
2着ジャスタウェイとは0.4秒差

もともと力の要る馬場が得意で中山向きなので
今回はもう少し高いパフォーマンスを見せても良さそうです。

近走低迷を続ける実力馬も2頭います。

フェノーメノとウインバリアシオン

共にGIで上の5頭と戦えるだけの力を持っています。

フェノーメノは天皇賞秋・ジャパンカップと得意の東京で続けての惨敗
得意舞台で良いレースが出来ていないので、今回も常識的に考えれば苦しいですが
叩き3走目なら変わってもおかしくありません。

不安の方が大きいですが、配当次第では買える馬です。

ウインバリアシオンは金鯱賞を15着と大敗
昨年有馬記念2着の時は金鯱賞3着から臨んだ事もあり
あまりにも臨戦過程に差があると言えます。

このまま4走、5走としていけば状態も戻ってくるでしょうが
叩き2戦目での一変を望むのは少々厳しいと言えるでしょう。

今回はジェンティルドンナ以外にも牝馬の参戦も数多くあります。

ラキシス、ヴィルシーナ、メイショウマンボ

この3頭はさすがに厳しいでしょう。
中山2500mは牝馬に甘くありません。
バッサリと切って大丈夫です。

逆に伏兵陣は色気のあるタイプが多いです。

昨年人気薄ながら4,5着したラブイズプーシェとタマモベストプレイ
今年それなりに実績を積んで再度の登録となります。

特にラブイズプーシェは天皇賞でも4着しているように
地力が強化されており、狙える穴馬でしょう。

そして前走で重賞を勝って臨むラストインパクトとフェイムゲーム

どちらも勢いのある馬で怖い存在ですが
中山の重い馬場に合うのはフェイムゲームの方でしょう。

ラストインパクトも重賞連勝と勢いは十分です。
が、ディープインパクト産駒らしくパワーは無いタイプで
人気ほどの信頼感はないと言えるでしょう。

その他、引退戦となるトーセンラーなど
今回は例年以上の有力馬が集まって盛り上がりそうですね。

予想し応えもあるので、枠順発表まではじっくりと待ちましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。