朝日杯FS|アッシュゴールド、ドリジャに続く兄弟制覇なるか!?

Pocket

今週のメインレースは

朝日杯フューチュリティステークス

このレースは今年から阪神芝1600m戦へと変わりました。

中山芝1600m戦の時はかなり適性重視となっていましたが
阪神芝1600m戦に変わってどうなるか?

各馬の力量以前にまずこのコースを読む事が重要視されます。

今回の条件になって初めてなのでデータはありませんが
一週間前に行われていた阪神ジュベナイルフィリーズを
考えると少しヒントが見えてきます。

大ざっぱに言うと

中山芝マイル:先行馬、内枠の馬、パワー型

阪神芝マイル:差し馬、外枠の馬、パワー型

こう定義出来ます。

どちらも力の要るコースですが、好走する条件が真逆です。

あくまで阪神ジュベナイルの条件ですが
この事は頭に入れておく必要があります。

それでは各馬の評価をしていきましょう。

主役は アッシュゴールド

オルフェーヴル、ドリームジャーニーの全弟で
前走、前々走は能力を感じさせるパフォーマンス。

血統的にも人気になってしまうタイプなので
妙味があるタイプではありませんが
今回、不安要素は限りなく少ない存在です。

唯一、気性面での問題は不安ですが。

前走アッシュゴールドを下した タガノエスプレッソ

血統面からも成績面からも地味な存在ですが
まだ凡走をしたわけでもなく、
人気面がない事が予想される中では妙味のある1頭です。

馬としては、ここが試金石です。

そしてデイリー杯で3着の ナヴィオン

この馬のデビュー戦はド派手な内容でしたが
それ以降はイマイチの内容になっています。

ハーツクライ産駒で阪神替わり
まだ目はありますが、人気先行タイプで買い要素は薄い存在です。

と、デイリー杯組が馬券検討の中心になるでしょう。

別路線では札幌2歳ステークスを勝利した ブライトエンブレム

前走は外から豪快に差し切り見所はありそうです。
ネオユニヴァース産駒は阪神もプラス。

良い事だらけに見えますが、札幌2歳からの直行は材料としてはかなり不利。
関東馬の遠征、騎手が誰か(前走は田辺騎手)など
一長二短くらいの存在だと評価します。

前走先行逃げ切りで京王杯を制した セカンドテーブル

京王杯の内容を見ると、展開に恵まれた感は否めません。
1400mまでの距離経験、父親トワイニング。
差しが有利な阪神芝マイル、と不安材料のオンパレードで
馬券検討からは外していいでしょう。

それは函館2歳ステークス覇者の アクティブミノル にも言えます。

この2頭はバッサリといきたいところですね。

今回東スポ杯組、新潟2歳ステークス組が出走しないので
メンバーとしてはかなり手薄。

こんな時は重賞の実績がない馬にも目を向けないといけません。

いちょうステークスを勝った クラリティスカイ

オープンを含む3勝馬 コスモナインボール

芙蓉ステークスを勝った ジャストドゥイング

中京2歳ステークス覇者の ケツァルテナンゴ

連勝中の ダノンプラチナ

この辺りにも気を配らないといけませんね。

枠順、騎手が正式に発表されたら
しっかりと予想をしていきたいと思います。

私の予想を見るならメルマガ登録がオススメです。

毎週の情報から、馬券の回収率をアップするノウハウも
提供しているので、馬券でマイナスであれば登録してみて下さい。