2014チャレンジカップ予想|いつの間にか朝日が抜けた

Pocket

今日のメインレースは阪神競馬場のチャレンジカップ

昨年までは朝日チャレンジカップというレースだったんですが
今年は「朝日」が抜けてしまいました。

きっとスポンサーの都合でしょうが、レースの条件は変わりません。

予想を行っていきましょう。

本命は スマートレイアー です。

阪神芝1800mはパワーが必要なコースですが
この馬はディープ産駒の中では珍しくパワーに寄ったタイプで
実際に阪神コースも4戦4勝。

距離短縮もプラスで、過去2年朝日チャレンジカップは
1800mになってから前崩れの展開が続いています。

今回はこの馬にとって条件が揃ったといえます。

人気面でもエイシンヒカリ、フルーキーが人気をさらってくれるので
この実績の馬では信じられないくらいおいしい存在です。

対抗は フルーキー

スマートレイアーを本命とした事と
例年チャレンジカップ前崩れになっていることから、
差し馬同士の決着という予想で決め打ちしたいと思います。

人気ほどの信頼感はないと思いますが
勢いと差し脚で考えるとこの馬を外すことは出来ません。

3番手は マコトブリジャール

この馬はパワー型の馬なので、当然の事ながら阪神に良績が集中しています。
オープンで3連敗していますが、4走前の垂水ステークスで見せたレースは
非常に強い内容で同条件の阪神芝1800mなら一発が見込めます。

次にイマイチつかみどころがないキャラでありながら
オープン連続2着で復調気配を見せる実績馬 アズマシャトル

重賞での実績があり、負けてもそれほど着差が離されていない
実力馬 ダイワマッジョーレ

休み明けでリフレッシュし、得意の阪神に戻ってくる アドマイヤタイシ

最後に混戦での一発が怖い デウスウルト まで

スマートレイアーから相手を6頭とり

馬連と3連複で勝負をしたいと思います。

1番人気が予想されるエイシンヒカリは前走の内容が良くありませんでした。

加えて過去2年追い込み馬の台頭で大荒れしているレース。

勢い、能力だけでいえば楽勝してもおかしくありませんが
前走のレース内容+圧倒的な1番人気では到底買える馬ではありません。

来たら諦める以外にないですね。

同じく実績馬のウインフルブルームは安定感があるものの
本質的に阪神コースが得意なタイプではなく
切れる脚がないため、国分恭騎手ではこの馬の個性を生かす競馬が難しくなる可能性が高いと見ます。

最後に迷ったトーセンスターダムはこのレベルとハンデなら
復活してもおかしくないんですが、ここ2戦の出遅れ

流れが向いていながらも差してこられない点を見ると
能力負けというより、気持ち負けの印象を受けるのでここまで外します。

さあ、このレースは勝負出来るので狙っていきましょう。