ホッコータルマエ中央GI初制覇!2014チャンピオンズカップ回顧

Pocket

先日行われたGIチャンピオンズカップは
実力馬ホッコータルマエが勝利。

2年連続3着に甘んじていましたが、ここでリベンジしました。

力としてはコパノリッキーと並んで一枚抜けた存在でしたし
状態さえ戻っていれば、力は違いましたね。

もう少し良化の余地はありそうで
東京大賞典に出てくるようであれば
動かしがたい大本命になるでしょう。

2着はナムラビクターが入りました。

スピード馬場を不安視していましたが
坂を2回上るこのコースはパワーも必要だという事ですね。

もちろんこの馬の実力も評価しないわけにはいきません。
おそらく地方場所の方が力を発揮できるタイプでしょう。

3着ローマンレジェンドは最高の競馬をしました
上位2頭に力負けという事でしょう。

そして、スピードが勝ったタイプの馬なので
力の要る馬場での勝負はちょっと分が悪いですね。

1番人気のコパノリッキーは出遅れが全てですね。

遅れて後方から常に外を回されては当然届きません。

この馬の力は疑う余地はありませんが
この凡走でリズムが崩れる事だけが心配ですね。

4番人気インカンテーションはいいところがありませんでした。

今回はペースが落ち着いたところで
先行馬で内を通った馬が上位を独占する結果となったので
今回の敗戦は仕方のないところでしょう。

その点では5着ワンダーアキュートは力を見せましたね。

この馬の息の長さには頭が下がります。

決して力負けではないので、東京大賞典に出てきたら要注意です。

他に人気をしていた組ではクリソライトが惨敗でした。

というよりも人気になりすぎですね。

いくら地方場所でいい成績を残したからって
中央場所に実績がなければ、通用するはずもありません。

この馬を買っていては回収率はあがりません。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。