レベル低い?2014阪神ジュベナイルフィリーズ出走予定の評価

Pocket

今週のGIは2歳女王決定戦

『阪神ジュベナイルフィリーズ』

今年の2歳牝馬戦線はレベルが低いのかわかりませんが
大混戦だと言えます。

その理由は前哨戦でいずれも人気薄が勝利しているという点

このレースに向かう主なステップレースは
ファンタジーSとアルテミスSですが
いずれも人気薄が勝っていて1番人気が2着に入っています。

ファンタジーSを勝ったクールホタルビは先行からの押し切り

先行勢から1頭スッと抜け出してきた点は評価が出来ますが
その前に13着と大惨敗している点はやはりマイナスです。

ダノングラシアスも差してはきました
その脚は平凡で負けて強しという内容ではありませんでした。

成績的にはある程度人気になりそうなタイプで
あまり期待値の高い馬とは言えないでしょう。

3着ウインソワレも同様の評価

ダノングラシアスよりかは旨味はありますが
前走白菊賞でコロっと負けてしまうあたり
ファンタジーSのレベルに疑問を感じます。

対するアルテミスS組ですが

勝ったココロノアイは先行からの押し切り

直線ではジリジリと伸びた印象で
インパクトとしては非常に弱いレースでした。

追って渋いタイプなのかもしれませんが
そのあたりは2歳戦でまだ判断がつかず
不安の方が先にきます。

2着のレッツゴードンキは最後いい脚で上がってきました。

サンデー系牝馬にキンカメという定石の配合。
スケールは感じませんが、完成度という点では
今回のメンバーでは上位にとってもいいかもしれません。

3着トーセンラークは先行からココロノアイに競り負けたので
阪神マイルの舞台ではより辛い展開となりそうです。

と、ここまで両重賞の上位馬を見てみましたが
どうもパッとしません。

他の路線も見てみましょう。

小倉2歳ステークスで単勝万馬券を叩きだしたオースミアリス

このレースでの豪脚は評価に値しますが
小倉1200mから阪神芝1600mへの距離延長は
一般的に考えて不利な条件です。

それを覆すだけの器があるかどうか
という点につきますが、そこはまだ未知ですね。

2着レオパルディナはレース内容こそ悪くありませんでした
続くファンタジーステークスではあっさりと敗戦。

走りからも血統からもスプリント戦の方が
向いているタイプで今回は厳しいでしょう。

と、重賞組がいずれも不甲斐ないので、条件戦組に目がいきます。

今回唯一のディープ産駒ショウアンアデラ

成績的には東京で2勝と穴人気になりそうです。

ただ1点注意をしたいのは
ディープ産駒は格下には完勝して、格上には惨敗するという
特徴がある馬が多いので、過剰人気になるようなら慎重に見極めましょう。

と、出走予定有力馬について評価をしてきましたが
どれもこれも一長二短くらいある馬で
今年の2歳はレベルが低いのかなと思わせます。

レベルが低いという事は
現時点での完成度、阪神マイルへの適性
この2要素が重要になってきそうです。

予想はこれらを中心に組み立てていくといいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。