2014チャンピオンズカップ予想|中京ダートを制するのは?

Pocket

今週のGIは第15回(事実上の第1回)チャンピオンズカップ

今までは阪神で行われてきたジャパンカップダートが
今年は中京ダート1800mという形でリニューアル

好走馬の傾向は今までとどう変わるのでしょうか

予想と一緒に話をしていこうと思います。

本命は コパノリッキー

ここ最近のジャパンカップダートの好走馬の
ステップレースは3つに限られていました。

JBC、みやこステークス、武蔵野ステークス

この中で一番活躍馬を出しているのがJBC組です。

コパノリッキーの前走は逃げて圧勝
フェブラリーSでホッコータルマエ、ベルシャザールを負かしているように
この馬の実力は間違いありません。

そして中京ダート1800mは先行馬有利
枠順の有利不利はさほどありませんが、外枠の方が好成績で
14枠に入ったのも心強い点です。

心配といえば、先行激化のハイペースで馬群に埋もれるケース

このリスクは常に逃げ馬には降りかかるもので
逆に普通にレースが流れれば限りなく勝利に近いところにいる馬でしょう。

対抗は インカンテーション

この馬は左回りのスピードコースが得意な馬

中京のダートも新潟と同様、スピード豊富な馬が活躍しており
この馬の勢いと左回り実績はここでも十分に通用するでしょう。

3番手は クリノスターオー

前走は差し有利の競馬で負けましたが、今年の充実ぶりは目を見張る物があります。

今回はペースが普通であれば、このメンバー相手でも十分やれるでしょう。
鞍上にムーアを迎え、頼もしい限りです。

4番手は ホッコータルマエ

今回のメンバーで唯一コパノリッキーと実力勝負が出来る馬です。
問題は状態面だけですが、戻ってさえいれば、有力なのは間違いありません。

年を重ねても衰えを知らない ワンダーアキュート と

前走の好走が少し不気味な グレープブランデー

ここまでを抑えたいと思います。

1頭気になるのは前走で素晴らしいパフォーマンスを見せたローマンレジェンド

休み明けの成績も良く、人気次第では購入してもいいんですが、
前走は得意の不良馬場での勝利という事で
あのパフォーマンスが本物かどうかは若干疑問で
今回の期待値が高くない馬であるというのが私の判断です。

馬券はコパノリッキー1着固定の馬単と3連単

1番人気濃厚な馬を本命にするからには
しっかりと単系の馬券で勝負をしていかないとダメですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。