2014ステイヤーズステークス、金鯱賞予想|開幕週を制するのは?

Pocket

今週から中山開催がスタート

という事で口火を切るのは

マラソンレース、G2ステイヤーズステークス

3600mのレースはこのレースしかないので

非常にデータが少なく予想しづらいレースです。

バリバリのステイヤーも少なくなりましたからね。

ただ、このレースに言えるのは4コーナーで先行しているか

まくっているか、このどちらかのタイプが好走しているという事。

別定戦のうえ年齢や枠順は特に関係ないので

長距離適性と中山適性から実力のある馬を選んでいきたいところです。

本命は デスペラード

ここのところ前に行って伸びずというレースが続いていますが

2回続けてダメだったので、今回は中団からレースをすると思われます。

豊富なスタミナとパワーのある走りで中山の舞台は得意

去年、一昨年と2年連続で馬券に絡んでいるので

今年も好走してくれると期待します。

対抗は ホッコーブレイブ

この馬のベストパフォーマンスは日経賞

中山の短い直線で鋭く伸びてきたのは適性のある証拠で

今回は力を出せる可能性は高くなります。

3番手は クリールカイザー

近走は非常に安定した走りを見せておりスタミナも豊富

中山も得意なので、おいしくなくても外せません。

ここまでは本命サイドの馬券なので

以下は穴馬を狙っていきます。

重賞勝ちもあり中山実績もあるマイネルメダリスト

連続で18着と絶望的な着順は一気に人気を落としてくれるでしょう。

近走左回りしか走っていませんが

本来右回りで力を発揮できるセイクリッドバレー

最後に本命サイドですが、堅実なファタモルガーナを抑えます。

馬券はデスペラードからの馬連と3連複を買いたいと思います。

今日はもう一つ重賞がありますね。

こちらも今週から開催となった中京の金鯱賞

舞台は芝2000m、以前は差し馬に優位な競馬場でしたが

ここ最近は先行馬が押し切る競馬が多い傾向にあります。

馬のタイプはスピードよりもスタミナが豊富な馬が高い回収率を誇っており

金鯱賞に限れば、年齢も幅広く馬券に絡んでおり、近走も好成績を収めていた馬が多いです。

本命は サトノノブレス です。

能力はあるものの非力なこの馬にとって

開幕週の馬場はうってつけと言えますし

この馬が持っている先行力はこの舞台では大きな武器となるでしょう。

ここは少し人気を落としていますし、狙いどころです。

対抗は ラブリーデイ

スピードの持続力で勝負するこの馬には

瞬発力勝負となりそうな舞台は向きません。

実績から外せないラストインパクトとエアソミュールは抑え

狙いたいのはクランモンタナとサクラルディート

実績上位のウインバリアシオンは有馬記念を狙っているのは明らか

鞍上藤岡康騎手も勝負気配の無さを感じます。

地力の違いで来る可能性はありますが

ここは外して、有馬記念で注目しましょう。

馬券はサトノノブレスから相手5頭への馬連、3連複とします。

開幕週ですからね。

これ以外のレースもしっかりと見て傾向を掴んでおきましょう。