2014チャンピオンズカップの出走予定有力馬分析とコース攻略

Pocket

今週行われるGIは、事実上第一回のチャンピオンズカップ

今まではジャパンカップダートとして行われていましたが
今年からは中京競馬場に舞台を移して
ダートのチャンピオンホース決定戦が行われます。

出走予定の有力馬を見ていきたいんですが
最初に注目すべきなのは、JBCクラシック組

中でも勝ち馬のコパノリッキーは強い内容で完勝した
フェブラリーステークスの覇者でもあります。

1番人気の逃げ馬という点で不安は0ではありませんが
減点材料は限りなく0という存在です。
ここでもかなり信頼性の高い軸になるでしょう。

2着のクリソライトは中央場所の実績の無さが気になります。

地方の深い馬場でこそ力を発揮できるタイプである
という事は事実でしょうが、今の充実度でどこまで戦えるか。
魅力はありますが、不安の方が大きいのは否めないでしょう。

3着ワンダーアキュートは年を重ねても堅実に走る優等生

毎年そろそろ衰えるんじゃないかなと思いながらも
毎年好走するというタフな馬です。

どんな強豪相手でも格負けしないのは長所ですが
今回は舞台替わりが焦点となりそうです。

中京1800mの傾向と枠順。
ここを見て判断をしなくてはいけないでしょう。

4着ホッコータルマエは状態面の回復が焦点となりますが
一叩きして前走より良化しているのは間違いないでしょう。

地力があり、脚質も自在、状態面もアップとなれば
信頼できる存在だと言えるでしょう。

人気面も含めて、この4頭が主役となりそう。

対する別路線組を見てましょう。

最初に見ていきたいのはみやこステークス組

勝ち馬のインカンテーションは左回りの平坦巧者

今回の中京ダート1800mという舞台は
この馬にとってベストだと言えます。

あとは地力面で通用するかどうか。
そして大野騎手が上手く乗れるかどうか。

この2つをクリアできれば、戴冠まであるでしょう。

3着ナムラビクターは地力はGIに手が届くレベルにあります
パワータイプでスピード比べが苦手なタイプ
その辺りをどう捌くかが焦点ですが
分が悪い事は間違いありません。

1番人気で敗れたクリノスターオーはスピードタイプ
今回の舞台は合いそうです。

強豪に揉まれてどうかという点は未知ですが
前回の凡走で人気もなく、期待値の高い馬です。

そのクリノスターオーにエルムSで競り勝ったローマンレジェンド

地力がある馬ですが、非力な面がありパワー勝負になると脆い面があります。

が、今回の中京ダート1800mはスピードとスタミナが
必要とされる舞台なので期待はあります。

そしてもう一つのステップレースである武蔵野ステークス

勝ち馬のワイドバッハは前走がツボにはまった印象で
今回、相手強化で同じようにツボにはまるかというと期待は薄いでしょう。

それなら2着エアハリファの方が可能性はあります。
ただ、GIという事で考えるとパンチ力不足の感は否めません。

伏兵という事で見るならば3着のグレープブランデーが面白いです。
GI勝ちがあるように地力はありますし
中京でのレースというのもプラスです。

レースの比較からいうと

JBC > みやこS > 武蔵野S

ですね。

最後に中京ダート1800mですが
かなり前が有利なコース設定になっています。

枠順はそれほど気にしなくていいですが
4コーナーで5番手くらいにいられる馬を狙うのが前提なので
内枠の差し馬は厳しいでしょう。