ジャパンカップレース回顧!外国人騎手と日本人騎手の違い

Pocket

先日行われたジャパンカップは
スミヨン騎乗のエピファネイアが完勝

今年の春から続いていたモヤモヤを払拭しました。

エピファネイアはもともと切れ味があるタイプではなく
推進力で勝負するタイプの馬。

今回のように先行しての押し切りがベストである事は
菊花賞の走りっぷりからも明白でした。

では、なぜそれが今まで出来なかったのか…

それは騎手の力の差があるからです。

今までは福永騎手が騎乗していましたが
エピファネイアを抑える技術と力が不足していた為
この馬の長所を引き出すことが出来ませんでした。

もしかしたら、先行して押し切る騎乗がベストであるという事も
把握していなかったのかもしれません。

ところがスミヨン騎手にはその技術と力がありました。

結果は圧勝。

騎手が替わると馬がここまで変わる可能性があるという
事実が浮き彫りになったレースでした。

最後にエピファネイアの有馬記念の可能性についても
触れておきましょう

この馬の適性はちょっと掴みづらいんですが
東京と京都でベストパフォーマンスを見せている点から
中山替わりはプラスとは言えないでしょう。

ただ、持っている先行脚質は有馬記念向き

能力からも十分に台頭できる馬であることは間違いありません。
分かっているのは、外すことは出来ないという点。

2着ジャスタウェイは1枠を活用してベストパフォーマンスを見せました。

エピファネイアについては福永騎手の悪い点を指摘しましたが
今回のジャスタウェイの騎乗はパーフェクトでした。

ただ、本質的にはマイラーなので、有馬記念はアウト
2000mより長くなるとパフォーマンスも落ちますね。

3着スピルバーグは今の充実度を感じさせる走りでした。

内を突いた北村騎手の好判断も光りましたね。
外枠でなければ2着はあったでしょう。

4着ジェンティルドンナはやはり続けて
走れるだけの気力がなかったようです。

天皇賞だけを見て評価をした人は痛い目にあったでしょう。

予想をする際どうしても前走の成績に目が行きますが
全体の流れやバイオリズムを読むことも必要ですね。

5着ハープスターは不運でした。

この週の東京はとにかく外が伸びない馬場でした。
東京に慣れていない川田騎手の弱みが出ました。

決して他馬との接触の影響ではないし
力負けでもありません。

この辺りの敗因を抑えておくのも大切です。

惨敗した3歳牡馬イスラボニータとワンアンドオンリーですが
イスラボニータは距離の壁、ワンアンドオンリーは激戦の疲労
と解釈するのが適当でしょう。

能力的にも今年の3歳牡馬のレベルは高くない事もわかりました。

と言う事で、今回の面子で有馬記念でもやれそうなのはエピファネイア1頭です。

相手の穴馬として、という観点なら
フェノーメノ、ヒットザターゲット、ワンアンドオンリー
この3頭が挙がるでしょうか。

いずれにしても、ジャパンカップ組から有馬を狙いたい馬はいません。

凱旋門賞から直接有馬に向かいそうなゴールドシップ

菊花賞上位組からパワー型の走りができるサウンズオブアース

菊花賞勝ち馬で上昇力を秘めるトーホウジャッカル

この3頭に食指が動きそうですね。

まだ時間があるので、ゆっくりと見極めていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。