岩田康誠と福永祐一の差|2014マイルチャンピオンシップ回顧

Pocket

先日行われたマイルチャンピオンシップは
ダノンシャークが内から抜け出して勝利

ここ2戦は先行して伸び悩むようなレースでしたが
今回は岩田騎手を背に鋭く伸びました。

もともとGIではワンパンチ欠ける存在でしたが
今の京都競馬場の馬場を最大限に活かした
岩田騎手の好判断だったと言えます。

”ここに行く”と決めてからの岩田騎手の追う力は凄いですね。

同じく完璧に騎乗した福永騎手の2着フィエロを差したのは
二人の追う力の差と言えます。

タイミングを計るのに優れている福永騎手ですが
腕っぷしが弱く、追い比べになると弱さを見せますし
気性の荒い馬を制御するのは苦手。

ここらへんが岩田騎手との差でしょう。

期待したグランデッツァは3着

先行から直線抜け出しをはかる理想通りの競馬でしたが
結果から言うとちょっとペースが速かったという事でしょう。

これくらいのペースでも勝てる馬だと思っていましたが…

まあそれくらい力のある馬です。

東京は苦手ですが、京都ならもっと走るでしょう。

昨年の覇者トーセンラーは4着

直線で思ったほど弾けなかったのは外を回ってきたという点もあるでしょう。
この馬の力は出していると思いますが、
今回はトーセンラーのレースではなかったという事ですね。

5着エキストラエンドはこれくらいの力はある馬です。

京都は得意ですし、自分の走りさえ出来れば
G3レベルなら常に勝ち負け出来ますね。

人気のワールドエースは7着

3歳時は切れ味で勝負する馬ですが、古馬になってからは
スピードの持続力で勝負するタイプになりました。

先行抜け出しに特化した競馬を覚えさせればチャンスはあるでしょう。

1番人気ミッキーアイルは13着に敗れましたが
ホウライアキコが作ったハイペースに潰れてしまった印象ですね。

その証拠にホウライアキコを始めとした先行馬は
グランデッツァを除いて全滅しています。

逃げ馬らしく、この馬の力はなんら疑問を覚える必要がありません。

ペース次第ではまたGIに手が届くレベルです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。