今年一番の最強馬集結レース|2014ジャパンカップ出走予定有力馬

Pocket

今週のメインレースはジャパンカップ

例年有馬記念よりもいいメンツが集まるレースですが
今回は、今年で一番の豪華メンバーが集まるレースとなりそうです。

伏兵が台頭できるような甘いメンバーではありませんが
1番人気がどの馬になるのかもわからない難解なレースです。

この有力馬を順番に紹介していきましょう。

まず最初に取り上げたいのは ハープスター

凱旋門賞では見せ場十分の6着
決して力負けではない事はレースを見ていればわかります。

同じ舞台のオークスではヌーヴォレコルトに負けましたが
能力はヌーヴォより上であることは明らか

能力だけで考えれば外せない1頭ですが、あとは状態面です。

凱旋門賞から帰ってきてジャパンカップに出走している馬は
例外なくパフォーマンスを下げているので
普通のハープスターから一つランクを下げるといいでしょう。

凱旋門賞で8着だったジャスタウェイ

この馬は距離が長いです。
状態面もありますが、この舞台に出走させることが酷で買う要素はありません。

次に3歳牡馬2頭を取り上げます。

天皇賞3着のイスラボニータは日本ダービーこそ2400mをこなしましたが
本質的には2400mが向いている馬ではありません。

天皇賞よりもパフォーマンスを下げる事は必至で買う要素は薄い馬です。

対するはダービー馬ワンアンドオンリー

前走は想像以上のハイペースで見せ場なく惨敗しましたが
神戸新聞杯では強い内容で勝利しています。

本質的にはパワータイプで中山や阪神が向くタイプですが
東京でのレースなら京都ほどマイナスではありません。

距離も2400mは大丈夫ですし、イスラボニータよりは好走率は高いです。
ただ、前走ハイペースの反動は心配するべきでしょう。

別路線で最有力とされているのは天皇賞2着のジェンティルドンナ

今年の国内のレースではいいところがありませんでしたが
前走は久しぶりに好走を見せてくれました。

ただ、この馬は気持ちの衰えが見えており
しっかり走る時と走らない時が分かれてきているので
前走で完全復活と決めつけるのはやめておきましょう。

軸には出来ないけど、外せない馬

こんな評価です。

同じく古馬牝馬から天皇賞を一叩きしたデニムアンドルビー

昨年2着の実績があり、距離延長もプラス
展開に左右される面はありますが、買いの材料が増えて狙える馬です。

あとは上にあげた馬と比較すると1枚力が落ちるので
そのあたりを鞍上がどう捌くか、ですね。

天皇賞を勝ったスピルバーグ

底力としてはまだ未知数ですが、前走の内容は間違いなく実力
これがフロック視されるようなら全然狙えます。

コース替わりはなく、距離延長も歓迎なクチで当然外せない1頭です。

天皇賞で負けたエピファネイアは巻き返しのチャンスがありそうです。

が、福永騎手との相性は非常に悪い馬で
騎手が乗り替わらない限りは好走は難しいでしょう。

外国人騎手が乗るようであれば、外せない1頭です。

同じく天皇賞を惨敗したフェノーメノはあまりにも負け過ぎでした。

ステイゴールド産駒は大惨敗から巻き返しする馬が普通に出て来るので
完全に切っていい、とはなりませんが、常識的に考えれば
叩き一変というのは難しいと評価せざるを得ないでしょう。

勝ち馬は以上の中から出てくるのは、間違いありません。

他の馬が馬券圏内に絡んでくるのも難しいでしょう。

上の馬の中からどう序列をつけていくのか
それが今回のジャパンカップを攻略する糸口になります。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。