2014マイルチャンピオンシップ予想|マイル王襲名はどの馬?

Pocket

今週のメインレースはGIマイルチャンピオンシップ

安田記念はジャスタウェイが勝利しましたが
今回はジャパンカップに向かう為、不在。

秋のマイル王を決めるべく精鋭が集まりました。

幸い天気は晴れとなりそうで
安田記念とは全く違う環境でレースが出来そうです。

最初に京都芝外回り1600mの特徴をおさらいです。

・枠順は内枠が断然有利
・ディープインパクト、アグネスタキオンなどのスピードタイプが活躍
・脚質は先行が有利も差しも十分に届く、が追い込み一手はきつい。

大きく分けてこんな3つの特徴が挙げられます。

この辺りを踏まえて

本命は グランデッツァ です。

順当に考えればミッキーアイル、トーセンラーの2頭になると思います。

しかも、この2頭はワールドエース、フィエロの過剰人気で人気が手頃
どっちも狙って美味しいという存在ではあります。

が、グランデッツァの持っている能力と適性を考えると
どうしても、この馬の可能性にかけてみたくなりました。

4走前の都大路ステークス、ここで見せた走りを見せれば
今回のメンバーでも圧勝出来るでしょう。

問題はその力を出せるかどうか

毎回決まった力を出せるタイプではなく、
スピードが勝った非力なタイプなので力を出せる舞台も限られる馬。

そんなグランデッツァの力を出せる舞台は京都競馬場でしょう。

毎日王冠は苦手の東京で上々の競馬
今回はメイチで勝負をかけてくれるでしょう。

決して絶対的な存在ではないですが、ここは賭けてみます。

相手筆頭はもちろん ミッキーアイル

前走で見せたパフォーマンスはさすがGI馬といった形

通常、逃げ馬は崩れると脆い馬が多いですが
強い逃げ馬は崩れてもしっかりと走ります。

ミッキーアイルがどのタイプかはまだ確定は出来ませんが
強い逃げ馬といった印象を与えてくれる前走の走りだったので
対抗以下には落としようがありません。

加えて人気がないですね。

普通に考えれば本命でいい、というくらい信頼できる存在です。

3番手ももちろん トーセンラー

昨年のマイルチャンピオンシップの走りは
他の出走馬と比べて一桁違う走り。

京都の適性は高く、マイルもベストの距離
普通に走ればミッキーアイル以外には負けないと言えるくらいの信頼感はあります。

次は ワールドエース

毎日王冠では外枠からの出遅れとまったく競馬になりませんでした。

が、この馬は高い能力を持っており、マイル適性も京都適性も十分
GIを勝てる馬ですね。

相手はこの3頭でいいでしょう。

ただ、グランデッツァから買うという事もあり
この馬がスピードでちぎった時の展開の紛れを考え
内枠の馬を中心に抑えておきたいと思います。

エクセラントカーヴ、サダムパテック、グランプリボス、
ダノンシャーク、レッドアリオン、エキストラエンド、フィエロ

どれがきても万馬券なので、少額抑えておきたいです。

グランデッツァの単勝と馬連

このレースは勝負度合いの高いレースなので
一発を狙っていきたいと思います。

馬券を当てるという事にフォーカスするなら
ミッキーアイル、トーセンラーから買う事をオススメします。

重賞未勝利馬がずっときているからといって
地力が一枚劣るフィエロに手を出したり

ルメールが乗るからといって
京都に適性のない上に、早熟の可能性が高いロゴタイプを買うなどといった
ズレた予想はしないようにしてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。