銀嶺ステークス、アンドロメダステークスの予想

Pocket

今日は重賞はありません。

いつもであればGI前の土曜日は重賞がありますが
今週は3日間開催のため、東スポ杯2歳ステークスは月曜日に。

メインはオープンレース2つです。

東京:銀嶺ステークス
京都:アンドロメダステークス

双方とも予想をしていきましょう。

銀嶺ステークスはオープンらしい顔ぶれ
重賞を狙うにはちょっと難しい、というメンバーが集まりました。

こういうレースは現級で成果を残している馬よりも勢いのある馬の方をとります。

本命は シグナルプロシード

前走は東京マイル戦を楽勝。

東京実績もあり、1400は得意なメイショウボーラー産駒
ここに来て本格化の兆しを見せており
京都メインでトウカイパラダイスを蹴ってこちらに乗る
柴山騎手の動向からも推察出来ます。

相手ですが、サンデー系の種牡馬が不調な東京ダート1400mなので
非サンデー系を中心に攻めたいと思います。

アルボナンザ、ヒメサクラ、ダノンハラショー、
タガノトネール、アンズチャン、ロードヴォルケーノ

この6頭を推したいと思います。

相手が難解なので、馬券は馬連で6点勝負とします。

一方、京都のメイン、アンドロメダステークス

こちらは少頭数ですが、京都芝2000m内回りというコースから
やはり内枠の馬から買いたいと思います。

本命は エックスマーク

底力は疑問な点がありますが、前で競馬が出来る器用さ
京都芝2000mと相性のいいディープ産駒
ルメール騎手への乗り替わり、そして内枠

これだけ条件が揃っているので、地力が不安でもこの馬を軸にしたいと思います。

相手筆頭は ダコール

決め手のない馬ですが、今回はメンバーが大きく下がりました。

重賞でも掲示板に入れる実力がある馬なので
このオープンで実績のある京都なら好走は必至でしょう。

次に京都実績があり、内枠に入った セイルラージ
前で競馬が出来る ヒュウマ
最後に地力のある トウカイパラダイス

この4頭とします。

今回は少頭数なので、馬券はエックスマークからの3連複6点勝負とします。

馬連を買うなら押さえですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。