重賞未勝利馬がまた勝利!2014エリザベス女王杯レース回顧

Pocket

先日行われたGIエリザベス女王杯は ラキシス が勝利しました。

これで秋のGIは5連続重賞未勝利馬が勝利
ここまでくると何か因縁めいた物を感じます。

が、ラキシスが勝てたのは内枠でしっかりと脚を溜められた事でしょう。

そして本質的に距離は2000mを超えた方が走るという点
底力の点でどうかと思いましたが、
今回は川田騎手が上手く導いた事と
馬の能力が充実していたという証明とも言えます。

今後、牡馬相手でも活躍出来るのか
長い期間この充実期を維持出来るのか
と言えば、悲観的にならざるを得ませんが
今回は力で奪った勝利と言えます。

ヌーヴォレコルトはまたも惜敗

この馬の地力は明らかですね。
春からもずっと安定していますし、この馬なら
牡馬と戦っても重賞を勝てるレベルにあると判断出来ます。

昔で言うところのダンスパートナーのような感じですね。

3着ディアデラマドレも良い競馬でした。

今回は外枠という点が災いしましたが
見せたパフォーマンスはラキシスと互角以上で
来年の牝馬重賞戦線では間違いなく活躍してくれるでしょう。

期待したメイショウマンボはいいところなく惨敗

今年の夏を越したところで旬を超えてしまったという結論になります。
ヴィクトリアマイルくらいのパフォーマンスが出来れば
勝ち負けは出来ている馬ですからね。

牝馬は旬の短さが難しいところです。

同じく惨敗したスマートレイアー
もともと京都が向かない上に外枠で過剰人気
買う要素は一つもなかったですね。

秋華賞馬ショウナンパンドラはそれなりに走りましたが
今回は常に外を走り続けてロスのある競馬
それを覆して勝つほどの力はないという事ですね。

4着フーラブライドは惜しい内容でした。

本質的にはもっと力が要る馬場が合う馬なので
舞台が整えば、もっと力を発揮出来る馬です。

5着キャトルフィーユはもっと前で競馬が出来ていれば
もう少しいい競馬が出来たかもしれません。

アロマティコは大外で競馬にならず8着
今年の充実度から考えれば、もっと良い競馬が出来る馬です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。