2014エリザベス女王杯予想|ヌーヴォレコルトがリベンジは?

Pocket

今日のメインレースはGIエリザベス女王杯

超GI級牝馬のハープスター、ジェンティルドンナは
出走しませんが、2頭を除いた有力馬が全て出走します。

中でもここ8年間馬券圏内に絡み続けている3歳馬
特に秋華賞出走馬は高い複勝率を誇っています。

今年の対象はヌーヴォレコルトとショウナンパンドラ

1番人気が予想されるヌーヴォレコルトは
前走一番高いパフォーマンスをしての2着で負けて強しの内容

では、ショウナンパンドラを逆転する目は高いのでしょうか

私は力は五分五分だと踏んでいます。

地力ではヌーヴォレコルトですが、勢いはショウナンパンドラが上

京都芝2200mは浜中騎手の成績が著しく高いので
岩田騎手よりも高いパフォーマンスを見せる可能性も高い。

これが理由ですね。

という事で人気のないショウナンパンドラの印を重くします。

ですが、本命は メイショウマンボ です。

地力だけで言えば、上の2頭よりも上位の存在。

今年負け続けている理由は牡馬混合戦が苦手なだけ。

負けている中で能力の低下があるかどうかは
考慮の余地がありますが、ヴィクトリアマイル2着のままなら
もっと高いパフォーマンスを出せる今回の舞台は買いです。

2番手はショウナンパンドラ、3番手はヌーヴォレコルト

ここからは大きく印が落ちますが

外回りが不安もクイーンSが圧巻だった キャトルフィーユ

G3レベルなら常に勝ち負けが出来る フーラブライド

府中牝馬勝ちで勢いがある ディアデラマドレ

最内枠を引いた ラキシス

この4頭をピックアップしたいと思います。

週中からずっと気になっていたアロマティコは痛恨の大外枠

春の女王ヴィルシーナは外回りが不安

スマートレイアーはパワー型で舞台が合わない

という理由で切りました。

馬券はメイショウマンボからの馬連と

3歳馬2頭を相手軸にとった3連複を中心に考えています。

メイショウマンボと心中するだけの価値があるレース

これが結論です。