2014みやこステークス、アルゼンチン共和国杯レース回顧

Pocket

先週行われた重賞みやこステークスは
インカンテーションが完勝しました。

この馬は新潟が得意なようにスピードがあるダート馬なので
京都のダートコースもしっかりと走ってくれました。
地力面での底はまだ未知ですが、勢いがあり今が最盛期かもしれません。

ただ、チャンピオンズカップは坂のきつい中京コース
この馬の良さがスポイルされる事は確実で
更に相手が強くなる中で即通用かというと難しいという判断を下さざるを得ません。

過度な期待は禁物です。
先週行われた重賞みやこステークスは
インカンテーションが完勝しました。

この馬は新潟が得意なようにスピードがあるダート馬なので
京都のダートコースもしっかりと走ってくれました。
地力面での底はまだ未知ですが、勢いがあり今が最盛期かもしれません。

ただ、チャンピオンズカップは坂のきつい中京コース
この馬の良さがスポイルされる事は確実で
更に相手が強くなる中で即通用かというと難しいという判断を下さざるを得ません。

過度な期待は禁物です。

2着のランウェイワルツは最後鋭い末脚でした。

こちらもどちらかというとスピードが勝ったタイプですが
インカンテーションよりもバランスがとれたタイプなので
3歳馬という点も踏まえて通用する下地はあります。

ただ、走りのパフォーマンスからすると
まだスケールを感じないので、今年のチャレンジは厳しいかもしれません。

逆に3着のナムラビクターは今回不向きな舞台で
あれだけの走りが出来たので、GIに向けて見通しは明るいです。

走りのスケールからもGI級の力を秘めているのも明白で
舞台変わりも歓迎。強豪馬との力関係は未知ですが
通用する可能性は十分でしょう。

1番人気のクリノスターオーは特に凡走した訳でもなく
力としてはこれくらいでしょう。

G2、G3では勝ち負け、GIでは能力不足
そんな感じですね。

実績馬ニホンピロアワーズは得意のこの舞台で
走れないとなるとちょっと深刻ですね。
力の衰えは否めません。

GIで期待出来るのはナムラビクター1頭のみ
そんなみやこステークスでした。

もう一方のアルゼンチン共和国杯はフェイムゲームが勝利

重賞2勝目を手中に収めました。

決して長距離適性が高いわけでも、東京適性が高いわけでもありませんが
ここを勝利するのは地力の高さと内枠をうまく捌いた
北村宏司騎手の好騎乗と言えます。

GIまでのスケールは微妙ですが
オールカマーや日経賞など中山の中長距離のレースでは
更に安定感のあるレースをしてくれるでしょう。

2着のクリールカイザーは前走から一転先行で結果を出しました。

前走と合わせると能力はあるようです
が、毎回自分の力を出せるかというとまだ疑問が残りますね。

ホッコーブレイヴも同じパターンです。

能力はあっても毎回力を出せる訳ではないという事です。

3着スーパームーンは自分の力を出した結果なので、
今回の敗戦は単純な力負けと言えます。

デスペラードは攻めた結果なので仕方ありません。
本質的には中山が合う馬です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。