2014エリザベス女王杯有力馬評価|メイショウマンボの復活は?

Pocket

今週のメインレースはGIエリザベス女王杯

ジェンティルドンナやハープスターといった
超GI級の馬はジャパンカップに向かいますが
それに続く強豪牝馬がこぞって出走する豪華なレースとなりそうです。

主役は3歳馬でオークス馬のヌーヴォレコルト

前走こそショウナンパンドラに出し抜けをくらった形ですが
一番強いレースをしており、3歳牝馬の中では
ハープスターに続く2番手として確固たる地位を気付いています。

今回は外回りに変わる事でレースをしやすくなりますし
状態面さえ問題がなければ、信頼度はかなり高いでしょう。

そのヌーヴォレコルトを破った秋華賞馬ショウナンパンドラ

この馬の武器であるスピードと瞬発力は
今回の舞台でも存分に活かせます。
あとはスケールだけ、走りのパフォーマンスは
ヌーヴォレコルトに劣るだけにどれだけの上がり目を見せるのかに注目です。

古馬の対象格は昨年の女王メイショウマンボ

今年はいいところがありませんが、それは牡馬混合戦が全くダメなだけ
力が落ちたという判断にはなりません。

実際にヴィクトリアマイルでは2着
今回はもっと適性のある舞台でのレースとなる為
当然軽視は禁物で、復活はあると考えた方がいいです。

勢いでいえば前走府中牝馬Sを勝ったディアデラマドレ

この馬は瞬発力に優れた馬ですが、パワーも兼ね備えている
バランスのいい馬です。
あとはこの勢いが通用するかどうかと地力面だけ。

過去のレースで見せたパフォーマンスはGIに手が届くだけの
ものがあるので、未知の魅力に期待です。

その府中牝馬Sで2着だったスマートレイアー

こちらは典型的なパワー型
秋華賞2着の実績はありますが、スピードを競う京都競馬場では
適性が薄いのは明白です。

地力面でも底を露呈した感があり、買えない馬です。

3着ホエールキャプチャも年々マイラーとして
馬が完成されており、今回の舞台は不向き。

実績はありますが、難しいでしょう。

府中牝馬Sで負けた組ではキャトルフィーユが面白そうです。

良績は小回りコースに集中していますが
クイーンステークスでのパフォーマンスは圧巻で
今の勢いをもってすれば面白い存在になりそうです。

春のGIを勝ったヴィルシーナ

能力は認めるところですが、切れ味がない馬で
瞬発力勝負になったら厳しいのは明らか
逃げて粘るようなレースが出来れば通用しそうですが
今回の舞台は不向きと言わざるを得ません。

天皇賞秋に出走したデニムアンドルビーは
ここに出走するかは半信半疑ですが
破壊力のある末脚と地力は今回のメンバーでも上位です。

ひとつ気になるのはディープ産駒の中でも
力の要る馬場の方が得意なタイプで
パンパンの良馬場になったときにスピード勝負になった時に
速さで劣るかという点ですね。

オールカマー2着のラキシスは状態を上げての出走となりそうですが
昨年と比べると勢いに差があり、地力で劣る点から
不安点の方が大きい馬である事は間違いありません。

秋華賞3着のタガノエトワールはまだまだ上がり目が見込め
一発があるのではという期待を抱かせますが
舞台と相手関係からはあまり強調は出来ません。

4着ブランネージュ以下、サングレアル、レッドリヴェールなど
秋華賞惨敗組は正直難しいでしょう。

有力馬はさほど不安要素を抱えてないので
波乱度は低いレースであるという印象を感じますが
枠順発表まで不用意な決めつけは禁物です。