2014アルゼンチン共和国杯、みやこS予想、重馬場適性に注目

Pocket

今日のメインレースは

東京ではアルゼンチン共和国杯
京都ではみやこステークス

が行われます。

GIがないと気分的に盛り上がらないところがある上に
今回は双方ともどの馬からでも狙えそうな
難しいレースとなりそう。

加えて東京も京都も雨の可能性あり

もともと難しいレースにより難しい要素が取り込まれて
かなり難易度の高いレースになりました。

ただ、アルゼンチン共和国杯に関しては
雨で予想しやすい側面が出てきそうです。

本命は フェイムゲーム です。

もともとパワーが勝った馬で
阪神や中山の方に適性がある馬ですが
今年のダイヤモンドステークスを勝っているように
東京・京都でもある程度力をさせる馬です。

重馬場は未知数ですが、ハーツクライ産駒は
雨で成績良化する馬が多い為、不安よりも期待が勝ります。

内枠も引けたので、ここは軸にしてもいいでしょう。

相手は同じ2枠の デスペラード

こちらも東京は不向きなタイプですが
馬場が渋れば活躍が期待出来る馬
地力の高さはメンバー中随一なので当然印が重くなります。

3番手はホッコーブレイヴ

理由は上の2頭とほぼ同じです。
今回は田辺騎手に手綱を戻し勝負気配がありますね。

次に東京適性の高いスーパームーン

ここまでは本命サイドですが
あとの相手に穴馬を入れていきたいと思います。

最内枠を引いたサイレントメロディ

長距離で堅実に走っているところでそろそろ大駆けが期待出来ます。

前走で大駆けしたネオブラックダイヤ
距離延長でこの人気なら買える馬です。

フェイムゲームから馬連、3連複5点勝負としますが
雨の状況、馬場の状況次第では変更も必要となるでしょう。

京都のみやこステークスですが
こちらは重賞としてはかなりの好メンバーが揃いました。

前が有利でスピードを求められる舞台
という事を前提におく必要があるでしょう。

本命は クリノスターオー

ここに来ての充実度は素晴らしく
前走のシリウスステークスも強い内容でした。
阪神から京都に替わるのもプラスで
人気でも逆らえないでしょう。

相手筆頭は ブライトライン です。

昨年のチャンピオンホースですが
今回は休み明けで人気がありません。

この舞台が絶好の馬で狙って妙味があるタイプです。

近走充実も良績が左回りに集中しているのが気になる
インカンテーション が3番手

GI馬ニホンピロアワーズ

3歳馬アスカノロマン、ランウェイワルツ

追い込み一手も決めてのあるヴォーグトルネード

ここまでを相手に取りたいと思います。

こちらも天気と馬場次第で変更が必要となる馬券

直前まで様子を伺ってから判断しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。