イスラボニータ能力の底が見えた!2014天皇賞秋レース回顧

Pocket

先週行われた天皇賞・秋は

スピルバーグが後方から人気馬をぶっこ抜いて完勝しました。

毎日王冠のレースぶりはメンバーでは一番良かったものの
今回のメンバーで通用するのかはいささか疑問でしたが
勝ちっぷりを見ると覚醒した感があります。

おそらく次はジャパンカップですが、距離も問題なく
この勢いなら通用するでしょう。

ただ次走は人気を背負っての出走となるので
美味しくない存在となるのは間違いなく
馬券の買い方をよく検討する必要が出て来るでしょう。

ジェンティルドンナは2着

この馬の力を考えれば、これくらい走って当然です。
次走は人気になるでしょうが、この馬は気持ちの衰えが心配なので
ジャパンカップは不安の方が大きい事は間違いないですね。

1番人気のイスラボニータは3着

外枠が災いしたのは間違いありませんが
それを払しょくして勝てるほどの力はなかったという事です。

イスラボニータは強い馬ですが、
やはりジェンティルドンナよりは力が下です。
能力としてはフェノーメノと同等と見ていいでしょう。

ジャパンカップは距離が伸びるので
この馬にとってはまた不利な材料が増えます。
内枠を引かない限りは難しいでしょう。

6着エピファネイアは内容の薄い競馬でした。

この馬の「地力」という面でも問題はあるかと思いますが
末脚の切れ味がないこの馬に後方からの競馬しかさせてない
福永祐一騎手が乗っている事が最大の問題です。

かかるのが怖くて馬を前に出せていないという事です。
外国人騎手に乗り替われば、十分にチャンスのある馬です。

7着デニムアンドルビーは惜しい内容でした。

スムーズに外に出せていれば2着まではあったような脚でした。
ジャパンカップはさらに競馬をしやすくなり更なる注意が必要です。

2番人気のフェノーメノは14着

何もできないで終わってしまいました。
次走ジャパンカップでの巻き返しは容易ではありませんが
元々叩き良化型なので、無視はできないでしょう。

4着ラブイズプーシェはどんどん力をつけています。

もともと東京が向く馬ではないので、
昨年4着した有馬記念では大仕事をやってのけるかもしれません。

5着ヒットザターゲットも同様です。

この馬も地力がありますね。
常々人気にならないタイプなので
重賞では無視をしてはいけない馬ですね。