上がり馬トーホウジャッカルの可能性は?|菊花賞レース回顧

Pocket

先日行われた菊花賞はトーホウジャッカルが完勝

デビューからの最速でGIを制覇し
3分01秒という超速タイムでの勝利と
何かと印象に残る勝利でした。

勝利の要因はトーホウジャッカルの成長力を含めた能力と
酒井騎手が内でジッと我慢して、
体力を使わないようにレースが出来た好騎乗
この2つが挙げられます。

スペシャルウィーク産駒で走りもスピード感に溢れており
阪神や中山よりも東京や京都の方が力を発揮出来るタイプですね。

ブエナビスタ以外に目立った大物がいなかった
スペシャルウィーク産駒に現れた大物と言えるでしょう。

この成長力と豊富なスピードは古馬トップレベルでも間違いなく通用します。

これだけのタイムで走った後なので、
この後、有馬記念やジャパンカップに出走してきたら
少し評価を下げる必要は出てくるかと思いますが
来年の天皇賞や宝塚記念は間違いなく主役になってくるでしょう。

2着サウンズオブアースも好走の要因は
トーホウジャッカルと同様で成長力を含めた能力と好騎乗です。

こちらはネオユニヴァース産駒で京都の適性を心配していましたが
今回のパフォーマンスを見る限り、間違いなく馬が強くなったと言えます。

ただ、トーホウジャッカルと比較すると能力は一歩落ちる印象で
GIを勝つには実力以上に恵まれたものがないと厳しいでしょう。

スピードよりはパワーに寄ったタイプですね。
ここも押さえておきたいところです。

3着ゴールドアクターは展開に恵まれました。

スタミナが必要不可欠なハイペースだったので
最後まで粘りきったという形です。

スローペースが多い現代のレースで
今回の結果を過剰に評価してはいけません。
次走2400m以下のレースで人気をするようなら
バッサリと切りましょう。

4着タガノグランパは相変わらず正体が掴めません。

どんな競馬でも堅実に好走出来る強みがありますね。

ただ、本質的にマイラーであるという事は間違いないので
陣営としてチャレンジはここまでとして
あとは適条件でこの馬を活躍させてあげる事が必要ですね。

5着ショウナンラグーンは力を出しましたが
追い込み一手ではこれが限界。

もう少し脚質転換を図っていかないと通用しないでしょう。

1番人気のワンアンドオンリー
ニュースでも言っていましたが、常に外を回る厳しい展開と
あれだけのハイペースでも引っかかってしまったことが
敗因だと言えます。

エンジンのかかりの遅さやゆったりとした走りから
2400m前後が適距離かと思っていましたが
今回の走りを見ると2000m前後が適距離かもしれません。

いずれにしても評価を下げる必要はありません。

トゥザワールドは16着と惨敗しました。

前々から私が言っていた事ですが、
この馬は春に完成されていたので
秋以降は他の馬に抜かれていくのは明白でした。

今回は買ってはいけない馬でしたね。

今回の菊花賞はスタミナがない馬には厳しい内容となりました。

長距離適性を判断する材料となったので
次走以降に繋げていきましょう。

ちなみに長距離でスタミナが問われるレースになりやすいのは
2500m以上のレースなので、これも覚えておきたいですね。

最後に富士ステークスの結果も少しだけ

敗北した1番人気ダノンシャークは完全に乗りミス
末脚はある馬なので、無理に前につける必要はなかったですね。

次走以降は福永騎手以外の騎手を乗せると思うので
今回の結果は気にする必要はないでしょう。

勝ったステファノスは能力のある馬ですが
GI級とまではいかないでしょう。

切れ味タイプなので、京都競馬場が向くタイプ

マイルCSに出てきたら伏兵としての評価は必要ですね。