2014天皇賞秋有力馬情報|イスラボニータがルメールへ乗り替わり

Pocket

今週のメインレースは天皇賞・秋

一番の注目は菊花賞をパスして、ここに挑んできた

皐月賞馬 イスラボニータ

今回蛯名騎手はフェノーメノに騎乗するという事で
ルメール騎手が騎乗する予定となっています。

これはプラスですね、少なくともマイナスではありません。

フジキセキ産駒の枠を超えた馬ですが、
フジキセキ産駒は東京芝2000mという舞台も得意

従順な気性と反応の良さ、死角は0と言っても過言ではありません。
この馬を外して馬券を組み立てるのは無謀ですね。

対する古馬勢、筆頭はGI6勝馬 ジェンティルドンナ

今年は京都記念、宝塚記念惨敗と国内の走りではいいところがありません。

晩年のブエナビスタと雰囲気が被る感じですね。
トップレベルの力を毎回発揮できる段階ではなくなってしまったという事でしょう。

ただ、今回はフレッシュな状態で出走できる上に
東京芝2000mと絶好の舞台

恐らく次走出走するであろうジャパンカップとの2戦で
どちらかを好走して、どちらかを凡走するような気配があります。

そういった意味でも今回は消せませんね。

実力の比較が難しい菊花賞馬 エピファネイア

今年の国内での走りは唯一大阪杯のみ
そこでは騎手の判断ミスともいえる騎乗で3着

今回戦う相手とは勝負づけが済んでいないので未知の魅力はあります。

ただ、福永騎手がこの馬の特性を掴めた騎乗が出来ていない点と
東京芝2000mでシンボリクリスエス産駒の成績が悪い点も気になります。

シンボリクリスエス産駒の枠を超えた馬ですが
今回は期待よりも不安が多い点は否めません。

今年の天皇賞春を制覇した フェノーメノ

こちらは骨折明けというハンデをどう克服するかが注目
東京は元々得意で、生粋のステイヤーという訳でもないので
舞台適性としては何の問題もないでしょう。

蛯名騎手がこちらに乗るのは実力で選んだという訳ではなさそうですが
蛯名騎手が乗るという点も心強い限りです。

主役級としてはこの4頭

あとは伏兵陣となりますが、伏兵の中で私が一番注目しているのは

宝塚記念5着の デニムアンドルビー です。

この馬は好位につける器用さがなく末脚だけで勝負するタイプなので
東京コースは絶好の舞台、しかも2000mは適距離と言えます。

底力は主役級に通用してもおかしくない下地があり
人気も薄そうな今回は狙えます。

次に前走で重賞を制覇した マーティンボロ

現段階ではまだGI制覇というところまでは敷居が高い馬ですが
着実に力をつけており、将来的にGIで通用する可能性がある馬です。

毎日王冠組は少し厳しいでしょう。

勝ったエアソミュールは本質的に東京が大得意という訳でもなく
スケールも今回のメンバーで戦うには不足

3着ディサイファも通用するスケールではありません。

4着スピルバーグもまだ通用する段階ではないでしょう。

オールカマーを惨敗したサトノノブレスは東京自体は悪くありませんが
瞬発力の優れたタイプではなく、よほど何かに恵まれないと難しいでしょう。

それはオールカマーを勝ったマイネルラクリマにも同じことが言えます。

今回の天皇賞は現役世代トップレベルの馬が揃ったので
中途半端な実力の馬は通用しないレベルの高いレースになるでしょう。

馬券も当てるだけなら簡単そうですが
しっかりと儲けるには一工夫が必要となりそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。