2014菊花賞予想|ワンアンドオンリーの評価と買ってはいけない馬

Pocket

今日のメインレースはGI菊花賞

金曜日時点でのトーホウジャッカルの大口買いにはビックリしましたが
土曜日夜の時点でもトーホウジャッカルの人気は健在

単勝1倍台前半かなと思っていたワンアンドオンリーが
まさかの単勝3倍前後と想定オッズとは少し違った形を見せています。

ワンアンドオンリーが不安視されているのは距離でしょう
母父タイキシャトルという血統もありますからね。

ただ、走りからは特に距離の壁を感じることもないので
これだけ人気がないと逆に買い要素になります。

当初はヒモにしようかと思っていましたが
オッズ次第では本命もありです。

そんな中で一番注目しているのが マイネルフロスト です。

走りから長距離はOK、そして菊花賞に必要な先行力もあり
重賞ウィナーでダービー3着と地力面でもそれなりに力がありながら
前走の敗戦で人気を落としており
今回こそ絶好の狙い目と言える存在です。

次に注目しているのは タガノグランパ

この馬は走っても走っても人気になりません。
適条件はマイルという事があるにしても
この馬の本質を掴めている人は誰一人いないのではないかと思います。

だからこそ人気にならない。
私も本質を掴めてない一人ですが、これだけの実績と走りを見せていて
この人気というのは買わないわけにはいきませんね。

逆に買ってはいけない馬、期待値の低い馬が3頭います。

1頭目は ショウナンラグーン

この馬はワンアンドオンリーと違い血統的な背景が
いかにもステイヤーで穴人気をしています。
その背景が過剰に評価されていますね。

実績からはマイネルフロストと同等の期待値ですが
これだけ人気があると微妙です。

そして トーセンスターダム

なぜこの馬がこれだけ人気なのかさっぱりわかりませんが
普通に買うに値しない馬です。

普通に予想が出来る人はこの馬を指名する事はないでしょう。

最後は買ってはいけないというより期待値の低い馬

それは トゥザワールド です。

京都での実績もあり、気性的にも京都3000mはOK
先行力もあり、絶好の買い条件が揃っていますが
前走のパフォーマンスは非常に低いものでした。

春の時点で完成していた馬なので、秋を越しての成長が薄いと判断できます。

スピードがあるタイプでもないので
今回の2番人気という評価は非常に危険です。

期待できる2頭とワンアンドオンリー

そして前走鬼脚をみせたトーホウジャッカル

京都は疑問も長距離適正のあるヴォルシェーヴ、サウンズオブアース

地力上位のサトノアラジン

この7頭を組み合わせて馬券の組み立てを行いたいと思います。

軸は定石で行くならワンアンドオンリーかトーホウジャッカル

攻めるならマイネルフロストかタガノグランパ

当日の馬場を見てどこが伸びるのかを見極めてから決めたいと思います。