2014年富士ステークス予想|ダノンシャーク&福永祐一に暗雲!?

Pocket

今日のメインレースは富士ステークス

夏は新潟のマイル重賞が2レース行われ
今回も左回りのマイル重賞。

メンバーを見渡すと京成杯AH、関屋記念に出走した馬が多く見られます。

中でも目を引くのは ダノンシャーク

GI3着が2回、昨年の富士ステークスも勝利とまさに盤石

「ダノンシャークで鉄板」などという文字も新聞に踊るくらいで
断然の1番人気が予想されます。

ただ、今回騎乗する福永祐一騎手が若干気になります。

実績的にはトップジョッキーなんですが
内田博騎手からの乗り替わりは鞍上弱化が明白

安定して走るタイプで大崩れは考えづらいですが
人気ほど信頼できないのは間違いないでしょう。

対抗評価としますが、あくまでこの馬を外した馬券を狙いとして
抑える程度に買うというところにとどめておきます。

本命は クラリティシチー です。

前走の敗戦はそこまで明確な理由はありませんが
外枠でかなりのロスをした事は確か。

そして実績から地力があるという事も間違いありません。

今回は北村騎手を配して鞍上強化
東京芝マイル戦はキンカメ産駒が好成績

条件好転なのに人気も落ちるところで今回は絶好の狙い目です。

3番手は ブレイズアトレイル

前走でやっと重賞初連対、やっとこのクラスに慣れてきました。
東京芝マイルはパワーが必要なコースで意外にも先行有利。

今回人気もあがらなさそうで、当然買わなくてはいけない馬です。

次に ミトラ

キンカメ同様シンボリクリスエス産駒は東京芝マイルで好成績
前走でやっと重賞でまともなレースが出来て慣れが見込める上に
先行脚質とブレイズアトレイルと同様に外せない1頭

ここからは抑え

底力上位も軽い走りで東京実績もなくやや不安が先行するステファノス

条件卒業からの挑戦も過剰に人気になりそうなシェルビー

パワーに寄った先行タイプも底力に確信が持ってないキングズオブザサン

ここまでとします。

馬券の買い方ですが、勝ち味に遅いクラリティシチーを頭にする事は

あまり効率が良くないので、馬連と3連複で勝負をしたいと思います。

マイルチャンピオンシップの前哨戦を堪能しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。