ワンアンドオンリー1強レースか!?2014菊花賞出走予定馬情報

Pocket

今週のメインレースは菊花賞

先週がヌーヴォレコルト1強だったように
今週はダービー馬ワンアンドオンリーが1強となりそうです。

最大のライバルと目されたイスラボニータが天皇賞秋への出走を表明
それ以外にこの馬と実力で渡り合えるような馬はいない
というのがもっぱらの世間の評価ですね。

前哨戦である神戸新聞杯を完勝して
距離延長も走りからは問題なく、
京都コースもからっ下手という訳ではなさそう。

問題があるとすれば、パワー型のこの馬は
阪神よりもパフォーマンスが落ちるという点と
後方からレースを進めた時にペースに左右されるという点

まくって大外を回って差してくるというのは
現在の京都競馬場ではあまりにもリスキーです。
その点を横山典弘騎手がどう捌くかに注目です。

では、対抗馬はいないのか?

前出、ワンアンドオンリーと渡り合える実力馬はいないのが世間の評価と言いましたが
能力で対抗できる馬が1頭だけいます。

その馬は サトノアラジン

前走はスピード勝負のこの馬が不向きな阪神競馬場で
展開も前崩れの不向きな展開。。

2つの不利が重なっても4着に粘ったあたりは能力の証明です。
今回はスピードが生きる京都でのレースはプラス

ただ、まだ気性面での問題があり、3000mはプラスとはならなさそう。
先週GIを勝った浜中騎手がどう乗るかに注目です。

3000mをきっちりと折り合って競馬が出来そうなトゥザワールド

この馬は距離は問題ありませんが、スピード感に欠ける点と
春からの成長に疑問な点が不安です。

人気の割には期待値が悪い馬だと言えます。

主力3頭の評価はこんな感じです。

対抗2頭は京都3000mに不安があるので
ワンアンドオンリーに一矢報いるとしたら
他の馬から選んだ方がいいでしょう。

前走神戸新聞杯2着のサウンズオブアース

一瞬ワンアンドオンリーを交わしたかという好内容でしたが
前走が恵まれての結果であることは間違いないところで
阪神から京都に替わる点もマイナスです。

ただ、ジリジリ伸びるタイプで3000mは歓迎という強みはあります。

神戸新聞杯3着のトーホウジャッカル

前走は勝負どころで一瞬仕掛けを遅らせたところで上がり最速を記録。
こちらは京都の馬場も3000mも合うタイプで
伏兵陣としてはかなり色気をもったタイプ。

神戸新聞杯5着のヴォルシェーブも長距離は持って来いの馬。
前走は後ろで構え過ぎていた感もあり
今回は岩田騎手も勝負してくるでしょう。
馬以上に鞍上が怖い1頭ですね。

同レース6着のハギノハイブリッドも新緑賞、京都新聞杯の
パフォーマンスは高く、距離も大丈夫と虎視眈々

トーセンスターダムは気持ちが切れているので、好走は無理です。

対するセントライト記念組からはダービー3着のタガノグランパ

正直この馬は評価しづらいですが、マイルが適距離のこの馬が
中距離でこれだけ走れるんですから能力はあります。

ただ、京都3000mはさすがに長いと思いますが
意外性のある馬なので、評価が難しいです。

同レース5着ラングレーは条件戦を挟みましたが、長距離OKの走り
そしてその軽い走りから京都に替わる有利も見逃せず
穴馬としては軽視できない存在。

同レース8着ショウナンラグーンは長距離もOKですが
未だに後方一気の競馬に徹しており
京都芝3000mで同じ競馬は通用しません。

同レース9着のマイネルフロストも長距離はOKでしょう。
しかも前で競馬出来る強みがあり、人気を落とした今回は軽視禁物です。

同レース10着のワールドインパクトも前走は参考外
ただ、長距離がOKというタイプではなく
ある程度人気をするタイプなので評価は低くとります。

菊花賞はワンアンドオンリーをどれだけ信用するかという点が最大の焦点

それ以外の馬をどういう順番で選んでいくかという点が次の焦点

この2点をうまくクリアすれば馬券の的中に近づきそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。