2014府中牝馬ステークス予想|先週の馬場から展開を読む

Pocket

今週のメインレースは秋華賞です。

が、土曜日には府中牝馬ステークスが控えています。

先週同じ舞台で行われた毎日王冠は内枠でレースを上手く進めた馬と
前目で競馬をした馬が掲示板を独占した結果となりました。

先週も話しましたが、一応東京芝1800mの特徴を復習しましょう。

東京芝1800mのデータと特徴

追い込みが届く東京競馬場にしては前の馬も健闘出来るコースで
まだ2週目という事である程度前も勝負になる馬場になるでしょう。

そして東京芝1800mは外枠がコースロスをするコース

この辺りを踏まえて予想を行うのがベターです。

本命は アイスフォーリス です。

データと前走のパフォーマンスから考えると
絶好枠を手に入れたキャトルフィーユを本命にする事が妥当ですが
アイスフォーリスを本命にしたのは東京芝1800mが何よりベストの条件であること。

この馬はステイゴールド産駒の割にはスピードが勝ったタイプで東京がマッチしています。
中でも3走前の秩父特別は秀逸の内容。

枠も6枠と好枠を引き当て、相手にも慣れてきたところで、この馬に期待します。

相手はもちろん キャトルフィーユ

前走のクイーンステークスが素晴らしい内容でした。
前が不利な展開を力でねじ伏せました。

不安は33秒台の上がり勝負になった時に対応がどうかという点
能力は間違いないですが、絶対的な存在ではないですね。

3番手は ウリウリ

この馬もスピードがウリで今の東京の馬場なら
その武器を最大に活かせるレースが可能です。
4枠もいいですね。

スケールの大きな走りをする ディアデラマドレ

どちらかというとパワータイプですが
スケールでこなしてくる可能性があります。

後は東京巧者の アミカブルナンバー
抑えに外を引いてしまった ホエールキャプチャ

この5頭を相手に取りたいと思います。

勝負するならアイスフォーリス、キャトルフィーユからの3連単

当てに行くのであればアイスフォーリスから相手5頭の3連複

どのようなオッズ分布になるかはわかりませんが

オッズ次第で攻め方を変えていきたいと思います。

パワー型のスマートレイアー、マコトブリジャールは危険な人気馬ですね。