2014菊花賞を占う|出走予定有力馬の評価と買えない馬はどれ?

Pocket

3歳牡馬最後のクラシック菊花賞

神戸新聞杯、セントライト記念といったトライアルも終わり
本番に向けた輪郭が見えてきました。

少し早いですが、各馬の評価と買えない馬ジャッジをしていきましょう。

菊花賞はセントライト記念を勝ったイスラボニータが
天皇賞・秋へ向かうという事で俄然1強ムードが漂います。

主役は神戸新聞杯を快勝した ワンアンドオンリー

神戸新聞杯では前崩れの展開で追い込まれながらも地力で勝利。

格の違いを見せつけて盤石といったところでしょうが
1点不安をあげるとすれば、京都よりも阪神の方が力を出せる
パワータイプであるという事。

道中どのあたりに位置取るのかはわかりませんが
京都コースで大外を回ってくるようなら
伸びて届かずというパターンの想定も必要となります。

おそらく単勝1倍台前半になると思うので
このあたりを加味すると過信は禁物です。

2着のサウンズオブアースは前走健闘しましたが
展開に恵まれた点と京都替わりは明らかにマイナス
菊花賞では買えない馬です。

3着トーホウジャッカルも色気はありますが
展開と枠順に恵まれたのは間違いなく過度な期待は禁物です。

それなら4着サトノアラジンが期待出来ます。

もともとスピード能力の長けた馬で
阪神よりは京都の方が力を発揮出来るタイプ

前走は展開にも恵まれず惨敗したことで
今回は人気落ちも見込めそう
と、買いの要素は多数あります。

不安点は気性の荒い馬なので3000mを折り合えるかという点
暴走したら持たない舞台なので、騎手の力が問われます。

惨敗したトーセンスターダムは買えない馬です。

前走も買えないと評価しましたが
神戸新聞杯では展開に恵まれながらあの結果

もし復活があるとしても来年の秋以降でしょう。

前にいって負けたウインフルブルーム
展開にさえ恵まれればチャンスはありそうです。

神戸新聞杯上位馬はこのような形ですが
今年はセントライト記念に有力馬が出走したので
今度はこちらを見てみましょう。

筆頭はトゥザワールド

前に行ける自在性と従順な気性は菊花賞向きですが
この馬は春に完成してしまっているので
成長力が乏しい事とスピード能力に欠ける点はマイナスです。

買えないとまでは言い切れませんが、限りなく切りの馬です。

3着タガノグランパは距離が長くなると最後がジリ脚になります。
こなせない事はないでしょうが、ベストは切れ味が出るマイル。

京都芝3000mは歓迎ではなく、不安要素の多い馬でしょう。

それなら4着ステファノスの方に魅力を感じます。

適性外の中山、一気の相手強化を覆す皐月賞5着は地力の現れで
スピード、瞬発力に長けたこの馬の長所を生かせるのは、やはり京都の舞台

前走は仕掛けが遅かったのもあり脚を余していました。
距離の不安こそありますが、能力的にも適性的にも通用する馬です。

負けた組みでは日本ダービー3着のマイネルフロスト

決してスピードのあるタイプではありませんが
前で立ち回れる器用さと自在性は長距離戦では大きな武器

マークが軽くなる今回は再びチャンスです。

その他の路線から参戦する馬は今のところ
「これぞ!」という今はいません。

今回は神戸新聞杯組vsセントライト記念組

という図式が色濃く出そう。

結論づけると

決してワンアンドオンリーの1強ではない。

そんな菊花賞になりそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。