2014京都大賞典予想|トーセンラーvs台風と馬場と穴馬

Pocket

昨日はワールドエース大凡走でしたね。

大外なので、狙ったポジションはとれないと思いましたが
それにしても後方で全く見せ場がなく惨敗

後日重賞回顧をしようと思いますが
ちょっと深刻な負け方ですね。

天皇賞の本命を考えていましたが、ちょっと難しいですね。

さて、今日は台風で京都競馬は中止となりました。

代替は14日(翌日)に行われます。
枠順は変わらないという事で、重馬場という前提で予想をしようと思います。

頭に入れておくのは明日も京都は雨が降る可能性が高いという事と
京都2400mという事です。

最初にお話しした例で出したように
京都2400mは圧倒的に内枠有利。

特に馬場が悪い今回はこのアドバンテージは大きいとみるべきでしょう。

本命は フーラブライド です。

良馬場でも重い印をつける予定でしたが
どんな馬場でも対応できる馬で
ゴールドアリュール産駒というのも心強いところ。

加えて3枠を引いてレースを運びやすい好枠
という事でここは迷わずに本命です。

対抗は当然 トーセンラー

重馬場は全くダメと言ってますが、
もともと苦手な競馬場での成績ですし
周りが騒ぐほどダメではないというのが私の評価

逆に得意の京都で重馬場をこなせなかったなら
本当にトーセンラーは重馬場がからっぺたという事でしょう。

これで人気が落ちるようなら逆に買えますね。

3番手は コウエイオトメ

この馬は京都実績に長けており
内目の枠を引いたことで一発の魅力がある馬です。

不良馬場はマイル戦で一回出走があり、惨敗していますが
距離が合っていなかった可能性が高く
まだ判断が出来ないというのが本当のところ。

今回は狙って妙味があります。

後は、続いて最内枠を引いたヴィクトリースター
パワー型のデスペラード
昨年の覇者ヒットザターゲット
最後にタマモベストプレイ

以上とします。

馬券はフーラブライドから馬連と3連複で相手6頭へ

ただ、天候と馬場は最後まで判断をする必要がありますので、気にして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。