2014毎日王冠、京都大章典出走予定有力馬評価、切り馬情報も

Pocket

いよいよ今週から東京と京都競馬が開催されます。

初陣を飾るのは名物G2毎日王冠と京都大章典です。

今年は強豪馬が海外遠征した影響もあり
双方とも若干手薄な印象がありますが
出走予定有力馬を見てみましょう。

まず東京で行われる毎日王冠ですが

主役は ワールドエース です。

前走の安田記念は不良馬場にスピードを殺された印象ですが
直線も最後まで伸びており、力を示す走りでした。
完全にマイラーとして生まれ変わりましたね。

今回も天気は気になりますが、能力は今回のメンバーでは断然で
だらしない走りはしないでしょう。

能力で対抗出来るのは グランデッツァ です。

函館記念ではまったく見せ場無く敗れましたが
この馬の持っているスピード能力は現役馬の中で
一番なのではないかと思っています。

今回は苦手な東京(左回り)ですが、開幕週を味方につけて
どこまでやれるのか興味は尽きません。

あとは能力的に一歩劣りますが、伏兵陣では

札幌記念5着の エアソミュール が筆頭です。

鳴尾記念も勝ち、重賞ウィナーの仲間入りを果たして
ますます安定感が増していますし
東京コースは得意としているので、無様な競馬は見せないでしょう。

札幌記念で惨敗した ロゴタイプ も地力は侮れません。

皐月賞を完勝した能力は注意が必要で
開幕週を前で競馬出来る利点もあります。

ですが、今は3歳春のパフォーマンスは影を潜め
血統からも早熟の気配が伺えます。
そして、本質的に東京は苦手なタイプで
今回は危険な人気馬(切り馬)筆頭であることは明白です。

ならば、近走復調傾向が見える実績馬ダークシャドウ

旬を過ぎた感じはありますが
エプソムカップ、函館記念と連続して馬券に絡んでいます。
元々は東京専用機といえる程の東京巧者
フレッシュさでは劣りますが、侮れない1頭です。

前走重賞を勝った堅実派のディサイファ
能力が通用するかという1点でしょう。
走りのスケールは大きくないので、軸にするのは危険か

それなら3歳馬ロサギガンティアが怖いです。

この馬も底力という点で不安ですが
今回の舞台は得意舞台で斤量の恩恵もあるので
不安よりも期待が大きい1頭です。

一方、京都大賞典を見てみましょう。

こちらは毎日王冠よりも低レベルなメンバー構成となりましたが

主役は京都巧者 トーセンラー です。

ベストな距離はマイルですが
スピード能力に長けた馬でとにかく京都が合います。

京都2400mも好走実績があり
今回のメンバーなら大威張り出来ます。

勝ちきるまでは疑問ですが、
馬券圏内には入ってくる馬です。

実績ナンバー1はGI3勝馬のメイショウマンボ

春は強豪牡馬との対戦でことごとく跳ね返されましたが
地力で言えば、今回のメンバーでは1,2を争う存在。
ただ、牡馬と走ると非常に脆い点があり
エリザベス女王杯を目標としている点でも
今回は危険な人気馬(切り馬)である事は間違いありません。

春に京都の重賞を勝った デスペラード 

京都記念を勝ったときは、追い込みから逃げへ
脚質転換してのものなので、この馬は判断の難しいですが
昨年のステイヤーズSの勝ち方はかなり強かったので
能力的にはここで主役を張るだけのものはあると判断出来ます。
要注意の1頭ですね。

順調度で言うと ラストインパクト が浮上します。

前走、前々走と馬場の影響もあり、敗戦しましたが
スピードの持続力で勝負するタイプなので
京都でのレースは大歓迎。

能力はある馬なので、ここは軽視してはいけません。

順調度でいえばもう1頭牝馬フーラブライドがあがってきます。

日経新春杯では差のない3着に来ており
どんな相手でも、どんな舞台でも堅実に走れる点が武器で
メイショウマンボよりも遙かに好走率は高い馬
ここは無視出来ない存在ですね。

あと気をつけなくてはいけないのは
京都芝2400mは圧倒的に内枠有利

開幕週も相まって外枠に入った時点で
かなりの不利を被ってしまうという事を覚えておかないといけません。

予想は日曜日にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。