2014凱旋門賞回顧|日本勢は全馬惨敗、騎手の重要性を知った一戦

Pocket

10月5日にフランスで行われた凱旋門賞
結果はトレヴの2連覇となりました。

最強の3頭と謳われ挑んだ日本勢でしたが

ハープスター 6着
ジャスタウェイ 8着
ゴールドシップ 14着

と掲示板にすら載れない惨憺たる結果となりました。

事前に私が話した通りの結果になりましたね。
各馬の敗因は明かなので1頭ずつ解説しましょう。

まずは一番見せ場があったハープスターですが
これは道中の位置取りと直線の進路に尽きます。

直線の脚をみてもわかりますが
ハープスターだけは唯一勝つチャンスがありました。

ただ、当時は内が伸びたロンシャンの馬場で
最後方から大外一気を決めようというのは
あまりにも無謀な選択でした。

ディープインパクトのように自分のスタイルを変えてでも
出来るだけ前を取りに行って、馬群を抜けるような
勝ちに行く競馬が必要です。

その辺りは陣営も川田騎手も楽観的すぎた点は否めません。

せっかく海外に行くのであれば、
自分たちで勝とう、なんとかしよう気持ちが必須。

いつも通りに乗って流れが向けば勝てちゃうなぁ

みたいな軽い気持ちでは当然勝てません。

今回のレースで陣営も騎手も勉強してくれると信じましょう。

8着のジャスタウェイは挑戦そのものが無謀でした。

彼はマイラーですからね。
そこに尽きます。

いくら地力があろうともマイラーが
ロンシャンの2400mに挑むのは無謀です。

福永騎手は勝ちに行く騎乗を見せてくれました。
この結果は馬主と陣営の責任です。

調教などに関わっていない私ですら
それがわかるんですから
プロであるジャスタウェイ陣営はもっと勉強しなくてはなりません。

強いからって出せばいいという訳ではありませんからね。

ジャスタウェイの強さに驕り不適切なレースを選択して
馬に負担をかけ、馬の成績を汚すような事はしてほしくないですね。

今年は休養して、来年改めてマイル路線で活躍して欲しいです。

ゴールドシップは完全な力負けですね。

馬場自体はこなせる条件だったと思いますが
行き脚がなく、反応が鈍い馬なので
強豪メンバーが揃うここでは持ち味が発揮出来ませんでした。

唯一勝てるパターンとしてはフォルスストレートで仕掛けて
最後のコーナーより前で先頭に並ぶというパターンでしたが
それも難しそうだったので、仕方ありません。

今回の凱旋門賞を見て改めて感じた事は

凱旋門賞を勝てる馬は「オルフェーヴルタイプ」しかいない

という事。

オルフェーヴルタイプとは

長くいい脚を使えて、重い馬場も苦にせず、気性面でも負けん気が強い

というタイプです。

当然、底力の問題もありますが
日本馬のレベルは世界でトップレベルなので
能力云々よりもこの適性を満たす事が絶対条件になります。

ナカヤマフェスタなどが良い例ですね。

そこを満たしてしまえば激走がある訳です。

そう考えるとステイゴールド産駒が持っている特徴が
そのまま凱旋門賞好走タイプに当てはまるとも言えます。

逆にディープインパクト産駒は軽い走りをする馬が多いので
ロンシャンでのレースは相当な不利を抱えたものとなります。

能力が1頭だけ突出している。
そんな状況でないと勝つ事は難しいでしょう。

今後、凱旋門賞に出走するならしっかりと適性を満たした馬を
チョイスして出走させた方が良いのではないかと思います。

テレビを見ていて違和感を覚えたのは
凱旋門賞が世界ナンバー1を決めるレースだと散々煽っていた事

別に凱旋門賞を勝った馬が世界ナンバー1の馬ではありません。

そこを勘違いしている人が多いのかなと感じました。

もちろん素晴らしいレースですし、
勝てば大変な名誉になるレースですが

『凱旋門賞馬=世界最強馬』

みたいな認識はなくすべきですね。

日本にも素晴らしいレースはあるし
ドバイや香港にも素晴らしいレースはあります。

一番大切なのは馬の適性をしっかりと見極めて
その適性に見合ったレースに出走させるという事。

目指すレースがあるならそのレースに合わせた馬を
作っていく事が課題となります。

単純な能力だけなら日本馬は世界一です。

これはジャパンカップに外国馬が来なくなった事からしても明らかです。
もう外国の馬は勝ち目のない日本遠征はしてきません。

これからは日本馬が海外に出て行く時代で
世界一のレベルである事を証明していく時代です。

今回出走した3頭には辛口の評価をしましたが
今後日本の馬にはもっと世界で活躍をしてほしいという願いから
2014年の凱旋門賞を回顧しました。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。