2014スプリンターズステークスの注目馬と高い回収率を狙う予想

Pocket

今週のメインレースはGIスプリンターズステークス

今年は12年ぶりに新潟での開催となり話題となっていますが
当然中山でやるスプリンターズステークスとは様相が違う事を頭に入れる必要があります。

まずは新潟芝1200mとはどういう舞台なのかを確認しておきましょう。

新潟芝1200mのデータと特徴

内回りコースなので、先行馬が有利。

そして新潟競馬場の芝コースは全般的に外枠が有利ですが
このコースは特に有利不利はありません。

平坦な芝コースですが、スピードよりもスタミナが必要です。

そして考えなければいけないのは
今年の新潟は夏からずっとAコースが使用されている点

例年開催が進むと外がより有利になる芝コースですが
どの馬もこぞって外を進んできた事で
全体的に荒れてきており、それほど外に利点はありません。

そう考えると内枠の先行馬でパワーのある馬が狙い目

本命は コパノリチャード 

先行タイプのパワー馬が今回は絶好枠を引きました。
今回はぶっつけ本番という事で
調教師のコメントをみると「本当は一回叩きたかった」と書いてある新聞紙もあります。

が、こういう時ほど狙い目ですね。

確かでない情報で人々が先導される時に一人逆方向へ進む
これが、ギャンブルで勝つ為の基本です。

好走時のパフォーマンスはズ抜けていて地力ではトップレベルである事は間違いありません。

対抗は ガルボ

能力で比較するとハクサンムーンやストレイトガールよりは劣りますが
こちらも2枠4番という絶好枠をゲット

走っても走っても人気ならないタイプで
地力は上位3頭には及ばないもののここは絶対に狙いたい馬です。

3番手は ストレイトガール

前走こそ致命的な不利がありましたが
スプリント戦で最も安定した走りを見せてくれる馬。

不良馬場でもマイル戦でも大崩れはなかった実績は評価に値しますし
地力面でもコパノ、ハクサンと3強と評価出来るレベル。
これ以上評価は下げられません。

次に マヤノリュウジン

前走は開幕週の馬場で5着でしたが、それでも物凄い豪脚でした。

今回も内回りで後方一気が出来にくい舞台ではありますが
前走に比べればまだ通用する可能性があります。

ここに来ても充実度はメンバー中随一でここは買わないといけません。

そして実力馬 ハクサンムーン

前走は上々の競馬で順調度からも一番人気になるでしょう。

ただ、最近スタートがあまり良くないことと
前走のような控えて直線で伸びようとする競馬をする可能性がある事は不安要素です。

この馬の場合は追っての味はないので、とにかくブンブン逃げて
相手を消耗させる競馬をした方がいいでしょう。

最後に レッドオーヴァル

キーンランドカップに出走した馬の中では抜けた能力を持っています。

常に外々を回りながら僅差の競馬をしたのは評価出来ますし
ここに来ての充実度は決して無視できません。

ここまでとします。

8枠などは割と色気のあるメンバーが揃っていますが
今の状態のこのコースでの外枠は不利以外のなにものでもなく
伏兵としてのピックアップは出来ませんでした。

馬券の方は

コパノリチャード、ガルボから3連単、3連複
コパノリチャードからの馬連

このあたりで馬券を狙っていきたいと思います。