【マイルチャンピオンシップ2020予想】馬券にいらない消去馬について理由を語ってみた!

Pocket

マイルチャンピオンシップ2020に出走を予定している
馬券にいらない消去すべき人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

私のブログやYouTubeの中では最も人気のあるコーナーなので
出来る限り毎週行っていこうと思いますが

昨年末は裏目を引き続けてしまったので
ちゃんと確信をもって切る馬が出た時に
アップするようにしました。

 

2020年の成績ですが

【3.6.3.22】

単勝回収率 78.3%

複勝回収率 77.2%

 

前回の天皇賞秋で挙げた

危険馬 フィエールマン は2着(5番人気)

直線早々でアーモンドアイが先頭に立つ流れを
後方から脚を溜めるだけ溜めて、追い込んでの2着

ずっと長距離を使ってきた馬にこれをやられてしまったら
もう諦めるしかないという内容でした。

ここはやられてしまいましたね。

 

これにめげずに、今週も人気馬をぶった切るガチンコ勝負である

このコーナーに期待をして頂ければと思います。

それでは、張り切っていってみましょう!!

 

という事で、マイルチャンピオンシップ2020の危険馬にいってみましょう!!

 




 

マイルチャンピオンシップ2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

インディチャンプ

です。

 

 

ちなみにnetkeibaさんのマイルチャンピオンシップ想定オッズを見てみると

1番人気 グランアレグリア  1.5倍

2番人気 サリオス      2.8倍

3番人気 インディチャンプ  8.4倍

4番人気 レシステンシア  14.0倍

5番人気 アドマイヤマーズ 23.7倍

となっています。

 

オッズ上では2強っぽい感じになっていますが

インディチャンプは抜けた3番人気になることが予想されます。

インディチャンプ自身の実績を見ると
昨年はマイルチャンピオンシップと安田記念を制して
今年の安田記念も3着とその実力は相変わらず健在。

普通に好走が予想される馬だといえます。

 

そんなインディチャンプがなぜ
マイルチャンピオンシップ2020で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

典型的な叩き良化型、休み明けの今回は果たして…

まず危険視する一番の理由は

「典型的な叩き良化型」

だという点です。

 

インディチャンプは今までGIを2勝していますが

全て叩き2戦目のレースでの勝利で
休み明けのレースではイマイチ力を発揮できていません。

 

古馬になってからの休み明けの成績を見てみると

2019年 マイラーズカップ 4着(2番人気)

2019年 毎日王冠 3着(3番人気)

2020年 中山記念 4着(4番人気)

 

対する叩き2戦目の成績を見てみると

2019年 安田記念 1着(4番人気)

2019年 マイルチャンピオンシップ 1着(3番人気)

2020年 マイラーズカップ 1着(1番人気)

完璧な成績を見せています。

 

また、着順のみならず競馬の内容が
休み明けと叩き2戦目では全く違います。

マイラーズカップは前残りの流れだったのにも関わらず
末脚を持っていないパクスアメリカーナに差されていますし

毎日王冠では直線で一旦アエロリットを差したにも関わらず
再度差し返されてしまう競馬

中山記念も何の見所もなくなだれ込んだという競馬で
休み明けのレースは不甲斐ないものでした。

 




 

陣営もそれを理解しているかのな印象を受けます。

2020年春のローテーションなども
本来であれば中山記念から安田記念へ直行でよかったと思いますが

一度マイラーズカップを挟んだという事は
叩き3戦目でのインディチャンプのパフォーマンスを試したとも受け取れます。
(安田記念は既に勝っていますからね)

 

やはり叩き2走目しか走らないのだと判断した事で
秋の目標を香港での競馬に標準を当ていそうです。
(マイルチャンピオンシップも既に勝っていますから)

休み明けのレースが不甲斐ない分
叩き2走目のレースでは素晴らしいパフォーマンスを見せる馬なので

マイルチャンピオンシップは「勝てたらラッキー」的な
勝負度合いで出走することが予想されます。

 

GI以外のレースを勝ち切れていないように
もともと地力は超GI級というタイプではない馬

ここは強豪を相手に一歩劣る存在だと判断します。

 

以上の理由から

マイルチャンピオンシップ2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

インディチャンプ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

昨年は安田記念、マイルチャンピオンシップと
マイルGIを統一したインディチャンプですが

休み明けのパフォーマンスは極めて低く
「叩き2走目専門家」というタイプの馬なので

休み明けとなるマイルチャンピオンシップは
状態面、精神面で不安があります。

また重賞で負けているように地力も
今回の有力馬に比べると劣る存在なので

マイルチャンピオンシップでのインディチャンプは軽視したいと思います。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

マイルチャンピオンシップ2020で私が注目している馬は
ここはメイチの力を発揮しそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。