2014神戸新聞杯、オールカマー回顧ワンアンドオンリーに死角は?

Pocket

先日行われた重賞神戸新聞杯とオールカマーのレース回顧

神戸新聞杯はワンアンドオンリーが地力の違いで勝ちました。

内容的には薄氷ものでしたが、あの展開で後続の追撃を振り切るという事は
実力的には2枚上だったと言えます。

ローズSのヌーヴォレコルト同様、ハーツクライ産駒らしい
成長力を見せており菊花賞も良い状態で出走出来るでしょう。

ただ、本番では舞台は京都に替わります。

パワータイプのワンアンドオンリーにとっては
適性のある舞台から適性のない舞台へ変わるため
絶対的に信頼が出来るという存在ではありません。

勝つとしたら一昨年のゴールドシップのようなまくり
負けるとしたら正攻法の競馬から大外を差してくるような競馬

イスラボニータがどうでるかわかりませんが
かなりの人気を背負って出走してくるはずなので
ワンアンドオンリーがいない馬券も必要でしょう。

2着サウンズオブアース、3着トーホウジャッカルは
展開に恵まれた結果ともいえますが
双方ともスタミナのある血統でこういう結果もあるでしょう。

4着サトノアラジンは適性のない舞台だった上に展開に泣きました。

能力がGI級であるという評価は変わりません。
もし、菊花賞に出られる事であれば
人気面からも絶対に買わなくてはいけない存在です。

逆にトーセンスターダムは展開が向いたにもかかわらずこの内容
3歳の間に復活するのは無理ですね。

今回はわかりやすい前崩れだったので
前にいたウインフルブルームにも巻き返しのチャンスはあります。

新潟で行われたオールカマーはマイネルラクリマが完勝

新潟内回りの高い適性を最大限に生かした好騎乗でした。
この馬もクラレントと同様G3ハンタータイプ
(今回はG2でしたが)

これだけの実績を持っているので当然天皇賞・秋へ
向かってくると思いますが
GI級相手に通用するタイプではありません。

GIでは切り馬に入れて大丈夫です。
GIを負けた後のG3でまた買いましょう。

2着ラキシスも自分の力を出しました。
牡馬混合でもきっちり走ってくるタイプで
平坦コースの方が力を出せます。

昨年2着したエリザベス女王杯では再度注意ですね。

3着クリールカイザー、4着フラガラッハなど
追い込み馬が穴を開けました。

1番人気サトノノブレスが失速するような
スタミナとパワーが必要となるような馬場であった点が
この2頭の好走に繋がりました。

サトノノブレスはかなり適性の偏りがあるタイプですね。
京都○、阪神×のような逆ゴールドシップ的な馬だと判断していいでしょう。

今週行われるスプリンターズSを予想するには
大いに参考になる結果でしたね。