【神戸新聞杯2020予想】実力の割に舐められるのあの穴馬を推す2つの理由

Pocket

神戸新聞杯2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

前回はローズステークスを取り上げまして

ここでピックアップしました アブレイズ は12着

 

差し馬が台頭する流れではありましたが

勝ち馬リアアメリアとそれほど変わらない位置にいながら
抵抗することが出来ずに惨敗。

終わってみれば力不足だったのかもしれません。

馬券に絡めなかったことは残念ですが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それでは神戸新聞杯の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

神戸新聞杯2020で注目している穴馬はコイツだ!

神戸新聞杯2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

皐月賞、日本ダービーを圧勝した コントレイル

GIで2着と3着の実績がある ヴェルトライゼンデ

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 


(1番人気が予想される コントレイル)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

神戸新聞杯2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ディープキング

です。

 

ディープキングは新馬戦こそ6着に敗れましたが

休みを経て未勝利戦を圧勝して、1勝クラスでも2着
前走のラジオNIKKEI賞では初重賞ながらも
3着と健闘した馬です。

ただ今回はGIを見据えたG2ということで
実績不足は否めず、人気にならないことが予想されます。

 

そんなディープキングが、なぜ神戸新聞杯で
注目できる穴馬なのか??

話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

前走のパフォーマンスが秀逸

ディープキングを推す最大の理由は

「ラジオNIKKEI賞の内容がよかったから」

という点です。

 

ラジオNIKKEI賞はバビットが逃げて圧勝しましたが
2着パンサラッサも番手で競馬をしていたように

前のこり傾向が見えたレースでした。

ディープキングはそんな前残りの競馬を
道中9番手から猛然と差してきての3着

レースの流れを見れば、一番といえるパフォーマンスでした。

 

加えて、勝ち馬バビットは続くセントライト記念も完勝。

4着に下したパラスアテナは続く紫苑ステークスで
2着に入り、穴を演出したように

メンバーレベルも十分に高かったメンツでの1戦だったことは
ディープキングにとってもプラスの材料となります。

 

ちなみに新馬戦は6着と敗れていますが
このレースのあと長期休養に入っているように

体制が整っていなかったのは明白で
気にする必要はありません。

 

コントレイルの能力は突き抜けているので
ここは太刀打ちできないと思いますが

皐月賞で凡走しているほかの有力馬なら
十分に戦える戦力を持った馬だといえます。

 



 

大本命のいるトライアル、展開が向く可能性あり!

ディープキングにとってもう一つ追い風になりそうな要素があります。

それは ”スローペース濃厚だ” という点

 

今回行われる神戸新聞杯は
中京芝2200mで行われますが、このコースは

スタートから最初のコーナーまでの距離が長いので
ペースが落ち着きやすい

という特徴があります。

 

加えて、3冠を狙う大本命馬のコントレイルがいる
GI前のトライアルレースという事で

今回の神戸新聞杯で全力を出し切ってつぶし合っても仕方がない

という状況が加わり、より一層スローな流れを助長しています。

ディープキングはその名の通りディープインパクト産駒

前走こそ上がり3ハロンタイムは2位でしたが
未勝利戦と1勝クラスのレースは上がり最速で

スローからのヨーイドンは得意な条件だといえます。

 




 

以上の理由から

神戸新聞杯2020における

ディープキングは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

重賞3着が一度あるものの実績では見劣るディープキングですが

前走のラジオNIKKEI賞の内容から
2番手以下とは戦える能力を持った馬だといえます。

また神戸新聞杯はトライアルレースであることから
スローペースでのレースが想定され
ディープキングの得意な流れになる事も期待できるので
期待値の高い馬だと言えます。

神戸新聞杯でのディープキングは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

神戸新聞杯2020で私が最も注目している馬
オールカマー2020で私が最も注目している馬

について掲載しているので、こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ